編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
三国大洋のスクラップブック

iOS 7異説:「素人くさいアイコンをデザインしたのはだれ?」

三国大洋

2013-06-18 17:49

 先頃発表されたAppleの「iOS 7」について、ちょっと面白い話を目にしたので、簡単に紹介してみたい。




[Official Apple iOS 7 Promo video - Jony Ive explains iOS 7]

 The Next Web(TNW)というIT系のブログに、「iOS 7が(iOS 6)とあれほど違ってみえるのはなぜ?」というタイトルの記事が出ていた(註1)。この記事の中に「新しいアイコンの多くは、Apple社内の主にマーケティングやコミュニケーション担当部門のメンバーがデザインした」という一文があるのをみて、「なるほど」と思わず膝を打ってしまった。膝を打ってしまったのは、その少し前にiOSの新しいデザインを酷評したThe Vergeの記事(註2)などを目にしていたからだが、その批判についてはいったん脇に置くことにしたい。

 このTNW記事によると、2012年11月からUI(を含む、Human Interaction)全般を見ることになったJony Iveは、社内で印刷物やウェブマーケティング関連の仕事をしているデザインチームのメンバーの力を借りて、iOS 7のルックスやアイコン用のカラーパレットを決めた後、その結果をiOSのアプリ・デザインチームに持って行き、「内側」をデザインさせたらしい(註3)。「内側」については"interior"としか記されていないが、おそらくアプリを選択し、立ち上げてからの各画面や要素のことと思われる。

 The New York Times(NYTimes)のBitsブログ(註4)で紹介されていた、Sebstiaan de Withという人物のツィートには「これ(iOS 7のデザイン)はグラフィック・デザイナーの手になるもの。インタラクション(操作)の手がかりも見つかりづらく、アイコンのつくりは極めてお粗末で、タイボグラフィーはHelveticaの使い過ぎ」という指摘(註5)があるが、この指摘と上記のTNWの話の内容とは妙に辻褄が合う。

 また、日向(ひなた)での視認性の悪さを指摘した別のツィート(註6)も紹介されているが、こちらの発言者はTwitterで主席デザイナー(Principal Designer)として働くJohn Brewerという人物だという。いずれにしても、その筋の玄人がみれば一目で「素人の仕業」とわかる代物、ということだろうか(パッケージや印刷物といったいわゆる「紙」のデザイン、あるいはパソコンモニターでの表示が中心と思われるウェブデザインの専門家を、「モバイルOS・アプリのデザインについては素人」と言い切ってしまうことには抵抗があるが、それでもやはり「勘所の押さえ方」のような部分で大きな違いが出そうなことは想像がつく)。

 長らくiOS開発部門を(半ば自治領のような形で)取り仕切ってきたとされるScott Forstall(スコット・フォーストル)の失脚が2012年の10月末。そこから数えて、多めに見積もっても約7カ月強という短期間で、ここまで大きな変更を形にしてきたJony Ive。今回の基調講演でだいぶ評判を上げたCraig Federighi(ソフトウェア・エンジニアリングの責任者:註7)との二人三脚であったにしても大したもの――まして、長い間15人~20人程度の小さなチームで仕事をしてきたとされるIveが、それまでほとんど交流のなかったiOS開発チームとの間で信頼の基盤をつくるだけでも、それなりの時間がかかりそうなことは比較的簡単に想像できる・・・・・・などと私には思えるが、いずれにしてもそんなIveの苦労がしのばれるような話といえるかもしれない。

[New Frontman for Apple Is Emerging - WSJ]

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]