タブレット市場が1~3月に急成長--出荷と販売の乖離で在庫問題への懸念浮上

田中好伸 (編集部) 2013年06月24日 13時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月24日、国内モバイル端末市場の2013年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。スマートフォン、タブレット、データ通信端末、PCを対象としている。1~3月の総出荷台数は前年同期比9.7%増の1358万台となっている。PCは前年同期比で4.6%減となり、スマートフォンも成長が鈍化したが、タブレットが急成長したことで、総出荷台数が伸びた。

 モバイル端末市場の主力となるスマートフォンの出荷台数は、前年同期比4.0%増の681万台。成長率が1桁台にとどまった要因には、Android端末の出荷台数が前年同期比ベースで減少となったことが挙げられるという。その一方で、KDDIとソフトバンクモバイルから提供されている「iPhone 5」が好調を維持していると説明している。

 タブレットの出荷は、前年同期比187.2%増の201万台となり、2四半期連続で200万台の出荷を記録している。急成長している要因として、Amazonの「Kindle Fire」やGoogleの「Nexus 7」などの低価格タブレットが個人ユーザー層を中心に浸透し、市場が急拡大していることを挙げている。

 また、通信事業者の販売奨励金の上乗せ戦略でLTE方式搭載のタブレット出荷台数が増加していること、法人向け需要が堅調に推移していることも挙げている。好調に出荷台数が増加しているタブレット市場だが、出荷台数と販売台数に乖離(かいり)が生じ始めていることから、在庫問題への発展がひとつの懸念材料になると指摘している。


2012~2017年の国内モバイル端末出荷台数予測(出典:IDC Japan)

 IDC Japanの木村融人氏(PC, 携帯端末&クライアントソリューションシニアマーケットアナリスト)はモバイル端末市場を短期的に見て「スマートフォン需要は当初の見通し通り、2013年には3000万台超となるが、年間の成長率は鈍化し、1桁成長にとどまる可能性がある」と説明する。

 続けて「タブレット市場は、低価格製品の市場拡大で引き続き需要は拡大傾向を続ける可能性がある。在庫問題への懸念に加え、ベンダー間の低コスト競争は熾烈になり、収益構造にマイナスの影響を与える可能性がある」と解説している。

 長期的な見通しとして「スマートフォンの出荷台数は2017年に3708万台にまで拡大する。タブレットも2017年に969万台の出荷」を予測している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算