編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キヤノンITS、需要予測をSaaSで提供--過去の実績から未来の行動を計画

田中好伸 (編集部)

2013-06-25 17:58

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は6月25日、需要予測サービス「iFOREMAST」を発表した。税別の初期費用が10万円、月額9万8000円で利用できる。7月1日から提供する。

 iFOREMASTは、需要予測システムの計算エンジン「FOREMAST/DP」をSaaSで提供する。FOREMAST/DPに搭載される自動予測モデル選択機能(Dynamic Forecast Model Change System)を活用して、複雑なパラメータを設定することなく、最適な予測モデルを自動で選択して、簡単に予測計算できるという。iFOREMASTに実装される予測機能は実績集計、実績統計計算、継承考慮、異常実績自動補正、周期性考慮などとなっている。

 今回のサービスを活用すれば、例えば、販売管理システムの売上実績データをもとに販売予測を立てて、販売計画や在庫圧縮、需給調整に活用できるという。また、コールセンターの実績をもとにコール数を予測し、要因を調整するといった使い方も可能。販売時点情報管理(POS)データと来店データをもとに来店予測し、店舗運営に活用できるともいう。

 iFOREMASTでは自動プロセス型とオンデマンド型の利用形態に対応する。自動プロセス型は、さまざまな実績データを投入して予測計算の結果を取得するまでのすべてを自動化する。オンデマンド型では、ウェブブラウザで実績データをアップロード、予測計算実行指示、結果データのダウンロードという一連の操作をユーザー自身が行う。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]