トップインタビュー

クラウド時代に生き残るシステムインテグレーターの条件とは--テラスカイの佐藤社長 - (page 3)

怒賀新也 (編集部)

2013-07-18 23:01

 前提として、クラウドは基本的に動く、という特徴があります。これまで、ハードウェア、ミドルウェア、アプリケーションを買ってきて、まず動くことを確認するのに半年くらいかかるような状況でした。今後は、よりウォーターフォール型からアジャイル型に、開発手法も変わってくるでしょう。

 そのときに、システムインテグレーターのビジネスはどうなるのか。今までは、2年なら2年をかけてプロジェクトを組むので、その間の収益計画を立てられましたが、今は1年のプロジェクトすら数えるほどしかありません。われわれもこれまで4件しかありません。

 そこで重要なのは、技術者にいかに早い回転率で働いてもらうかにあります。技術者の稼働率をいかに高めるか、ということです。技術者のアサインや管理方法が、従来とは異なってきます。それがしっかりできないと、クラウド時代はやっていけないでしょう。

――管理方法とは具体的にどんなことですか?

 基本的には、小さなチームでマネジメントしていくことが大事です。チームの中でコミュニケーションを取りながら、稼働を管理していく。それは営業チームでも一緒です。社内のSNSなどは、IT業界が最も適していると思っています。スケジュールの見直し、ジョブアサインもリアルタイムでできるようになるからです。大手では月単位で要員管理をしている例もあると思いますが、われわれは月単位どころか、リアルタイムになっています。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]