Linuxの普及に本当に必要なもの--それは楽しさだ!

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年09月13日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近になって分かったことがある。それは人生を一変させるようなものではなく、何らかの問題の解決につながるものでもなく、(正直に言えば)それほど深遠なことでもない。しかし筆者にとって、そのことに気付いた瞬間は、アメコミの悪役キャラであるハーレイ・クインの巨大ハンマーで脳天を打ち砕かれたような感じであった。その気付きとは、LinuxがデスクトップOSとしてちまたの話題をさらう上で本当に必要としているものについてだった。

 ここで読者の多くは、筆者が「Linuxに必要なのは、仕事上のニーズやエンドユーザーのニーズを満足させるキラーアプリだ」と主張すると思ったかもしれない。しかし、それは間違いだ。また、筆者のひらめきがLinuxデスクトップの標準化と関係あると思った人もいるかもしれない。だが、それも間違いだ。


 筆者のひらめきを説明してみよう。「Ubuntu Software Center」(図A)を起動し、表示されるものを見てほしい。おそらくは一般的な人たちが「無意味」と評する、ゲームやマルチメディアアプリといったものが表示されるはずだ。次にAppleの「App Store」やGoogleの「Google Play」ストアにアクセスしてほしい。どういったものが表示されるだろうか?ゲームやソーシャルネットワーキングアプリ、ショッピングツール、音楽、映画、そしてITっぽくない「ちょっとした小物類」が取りそろえられている。しかしご存じだろうか?これこそがプラットフォームの大きな「売り」であり、魅力を高める鍵なのだ。プラットフォームを猛烈な勢いで普及させるものは、管理者向けのツールや、テクニカルな面に直結したツールではない。一般的なユーザーが心を引かれる、時間つぶしのソフトウェアが必要なのである。

図A
Ubuntu Software Centerを起動すると、多くの人がインストールしているアプリが表示される。

 大多数のPCユーザーは、仕事でPCを使っているわけではなく、管理者というわけでもない。このため彼らは、インターネットに接続してソーシャルネットワーキングサイトにアクセスしたり、電子メールをチェックしたり、ショッピングするといった、平均的なユーザーが行っていることができなければPCなんて価値がないと思っている。そして、これこそがLinuxにもっと楽しさが必要となる理由だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算