編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

満足度は高いが認知されていないマネージドプリントサービス--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2013-12-25 15:20

 IDC Japanは12月25日 国内のマネージドプリントサービス(Managed Print Services:MPS)に関する調査結果を発表した。認知度は低いが、導入済みのユーザー企業の満足度は高いという結果が出た。

 MPSは企業の印刷環境を分析し、最適な印刷環境を構築、運用していくアウトソーシングサービス。コスト削減や出力管理業務プロセスの効率化、環境負荷軽減、セキュリティなどを目的に導入されるケースが多いという。2013年の国内MPS市場は前年比15.4%増の400億2900万円を見込んでいる。

 MPSという言葉を理解している回答者は全体の27.1%だった。これに対し従業員規模99人以下の小規模企業での認知度が19.7%と低い。

 すでに導入している企業への満足度調査では、50.5%の回答者は満足または非常に満足と回答し、40.8%の回答者が現行のMPSベンダーとの再契約を望んでいるという結果が出た。一方、プリントサービスの保守(50.0%)や消耗品(52.1%)の方が、アセスメント (39.8%)や定期レポート(40.8%)といったMPSの特徴的なサービスより高いという結果になっている。

 10月にオフィスプリント環境の導入判断に関係するユーザー716人にウェブで調査した。


MPS契約の継続意思 n=196(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]