編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

2014年はアプリケーションが社会を変革--エリクソンコンシューマーラボの10大消費者トレンド

NO BUDGET

2013-12-26 07:30

 Ericsson ConsumerLabは、2014年以降の主要な消費者トレンドを発表した。同ラボでは20年近くにわたり、40カ国以上、15の大都市で年間10万人以上を対象にインタビューをし、ICT製品とサービスに関する消費者の行動や価値観を調査している。

1. アプリケーションが社会を変革

 世界中でスマートフォンが急速に普及したことで、通信やインターネットの利用方法が完全に変わり、ショッピング、介護、公共機関とのコミュニケーション、交通など社会のあらゆる領域でアプリが求められている。今後はアプリがデバイス以上に重要になってくることが推測される。

2. 身体が新しいパスワードに

 記憶が不可能なほど長くて複雑なパスワードが求められる今日、生体認証が注目されつつある。調査の結果、スマートフォンユーザーの52%がパスワードの代わりに指紋認証を使いたいと考えており、48%の人が画面のロックを解除するための虹彩認証に関心があると判明した。全体の74%のユーザーが、2014年には生体認証機能付きのスマートフォンが主流になると考えている。

3. 自己行動記録

 ユーザーは今後、血圧、脈拍、歩数だけでなく、アプリを起動するだけで自分の活動を記録し、自身の身体状態を把握できるようになると予想される。スマートフォンユーザーの40%が身体的活動のすべてをデバイスに記録したいと考えており、また56%がリングを使って血圧や脈拍の測定をできることを望んでいる。

4. あらゆる場所で期待されるインターネット

 スマートフォンユーザーは、信号強度を示すデバイス上のアンテナバーは音声通話には十分でもインターネット接続には不十分なことがあり、もはや当てにならないと感じ始めている。調査の結果、インターネットの通信品質に関する満足度が最も低いのは地下鉄だということが分かった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]