編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NECなど、セキュリティインシデントで初動対応サービス--NRIセキュアなど協業

NO BUDGET

2013-12-26 19:09

 NECは12月25日、セキュリティインシデントの発生を検知した際に顧客拠点へエンジニアを派遣、ユーザー企業に代わって初動対応する「サイバー駆け付けサービス」を2014年3月から提供すると発表した。NRIセキュアテクノロジーズとNECフィールディングとの協業で開発する「サイバーセキュリティ運用支援サービス」の第1弾と位置付けられている。

 サイバー駆け付けサービスは、NRIセキュアとNECがサイバーセキュリティ分野での互いのサービスを補完し、NECフィールディングが全国に展開する約400拠点のサービスネットワークを活用。NECのサイバーセキュリティ運用支援サービスやNRIセキュアの監視運用サービスを利用するユーザー企業の環境で重要度の高いセキュリティインシデントを検知した際にNECフィールディングのエンジニアが駆け付け、ユーザー企業に代わって初動対応する。

 派遣されるエンジニアは、初動対応のためのツールとしてS&Jコンサルティングが開発した「Disk Excavator」シリーズを使用する。同ツールは怪しいファイルを検出し、簡易的に解析する機能を備え、高度解析サービスに必要な情報を収集できるという。

 NECでは、サイバーセキュリティ運用支援サービスで、これまでNECが顧客ごとの個別ニーズに応じて提供してきたセキュリティ運用監視(SOC)サービスに加えてインシデント対応面を強化し、セキュリティの運用業務をワンストップで支援することを目的としている。

 今後は、サイバー駆け付けサービスのほか、ハードウェアやソフトウェアの障害からインシデントまで一元的に対応する窓口を設置し、高度なサイバー攻撃が発生した際にプロフェッショナル人材が対応するインシデント高度解析サービスなども予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]