編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

東芝、プライベートクラウド構築--20万人が活用、SPARC/Solarisを刷新

NO BUDGET

2014-01-14 15:43

 東芝は、グループ20万の従業員が利用するシステム基盤として、新たにプライベートクラウド環境を構築した。日本オラクルが1月14日に発表した。

 プライベートクラウド基盤として採用されたのは、UNIX OS「Oracle Solaris」が稼働する「SPARC T4」サーバ。関東データセンターに9台、関西データセンターに6台、合計15台のクラスタ構成となっている。

 これまで東芝グループが使っていたシステム基盤は、2003年に導入されたUNIXサーバ「Sun Fire 15K」「Sun Fire E25K」「Sun Fire E2900」で、東芝グループ各社の人事給与、経理、調達、販売、生産管理、業務支援など100超の基幹システムを統合していた。1台のサーバを複数の領域に区切り、それぞれの領域でOSやアプリケーションを動作させて複数のシステムを構築する技術“ハードウェアパーティショニング”を活用していた。

 今回のプライベートクラウド構築では仮想化技術「Oracle VM for SPARC」と「Oracle Solaris Legacy Containers」を活用、既存環境からそのままミドルウェアやアプリケーションを変更することなく各システムを移行して稼働させ、短期間、低コストでのクラウド化を実現させたという。

 今回のプライベートクラウド構築とシステム集約で基幹システムの安定運用に加え、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「Oracle E-Business Suite」の応答性能の向上を実現しているという。システムの集約率が従来よりも向上、サーバの運用コストと保守費を約半分に削減、ラックスペースが4分の1になり消費電力や管理コストを削減、といった効果が得られているとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]