編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キヤノンS&S、中小企業向けに沖縄データセンターへのDRサービスを販売開始

NO BUDGET

2014-04-18 13:37

 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)は4月17日、沖縄にデータセンターを運営するクオリサイトテクノロジーズと連携し、沖縄にDR(ディザスタリカバリ)サイトを構築し保守、監視を提供する中小企業向け低価格サービス「沖縄DRパック」の販売を同日から開始すると発表した。

 サービスは2種類の内容が用意され、価格は「NASパック」が月額4万7500円、最大12TBの「ファイルサーバーパック」が月額5万8500円(いずれもデータセンター利用料金と運用・保守料金を合わせた税別価格。別途NAS本体、VPN装置および初期・構築費用が必要)となっている。年間60セットの販売を計画しているとのこと。

 遠隔地にデータを保管するなどの災害対策は中小企業においても注目されているが、構築や運用のコスト、データ量などが課題となる傾向がある。今回の沖縄DRパックでは、震災リスクの低い沖縄のデータセンターを用い、DRサイトの構築、監視・保守サポートを低価格で提供、こうしたニーズに対応しようというもの。


サービス概要図(キヤノンS&S提供)

 DR用のストレージとしてはアイ・オー・データ機器のNAS製品を用い、社内に設置したNASから沖縄データセンターのNASへレプリケーションを実施、同社のNAS管理クラウドサービス「NurSuS」を利用した監視サービスを受けることが可能。NASパックでは「HDL-XRWシリーズ」5機種(最大8TB)、ファイルサーバーパックではWindows Server搭載「HDL-Z4WMC2シリーズ」4機種(最大12TB)から、それぞれユーザーごとの要件に応じて選択する。

 なお、顧客企業と沖縄データセンター間は、キヤノンS&Sが累計2万7000台超の販売実績を持つフォーティネットの「FortiGateシリーズ」でVPN接続し、セキュアな環境を実現するという。また、クオリサイトテクノロジーズは、沖縄データセンターのNASやVPNなどのハードウエア、システムの監視・保守をキヤノンS&Sのサポートセンターと連携して実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]