編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

レッドハット、OpenStackインテグレーターeNovanceの買収を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-06-19 12:59

 Red Hatは米国時間6月18日、オープンソースのクラウドコンピューティングサービスを提供するeNovanceを9500万ドルで買収するための正式契約を締結したと発表した。

 eNovanceはOpenStack分野において著名な企業であり、特に通信会社との協業で知られている。Red Hatによると、eNovanceの実績と、顧客中心主義を徹底しているという評判が、両社を恒久的に結びつける大きな要因だったという。

 Red HatとeNovanceが最初に提携したのは2013年であり、OpenStackの実装および統合サービスをジョイントカスタマーに提供するためであった。そして両社のこの関係は2014年5月、OpenStackにおけるネットワーク機能仮想化(NFV)と通信分野のイノベーションの推進を目的にさらに進展した。

 eNovanceの買収により、両社の関係ははるかに緊密なものとなった。なおeNovanceは世界でおよそ110人の従業員を抱えており、パリとモントリオールに主な拠点を置いている。Red Hatは今回の買収で、5000万ユーロの現金と、2000万ユーロ相当の株式をこのフランス企業に支払うことになる。

 Red Hatは買収にともなう統合に関して、同社におけるOpenStack関連の製品やサービスを強化するために、同社の製品開発にかかわる活動やチームをeNovanceのものと一体化する予定だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]