豊田自動織機、グループ経営管理システム稼働--グローバルで連結会計を強化

NO BUDGET

2014-06-20 08:13

 豊田自動織機は、国内外約220社の経営情報を一元化するとともに、グローバルな連結会計基盤を強化できるというグループ経営管理システムを構築し、本格稼動を開始した。電通国際情報サービス(ISID)が6月19日に発表した。

 海外約180社、国内約40社で事業を展開している豊田自動織機グループでは、業容拡大や事業多角化で経営管理上のデータ活用ニーズが増加していた。これまでは制度会計や管理会計、資金管理などの情報が一元化されておらず、グループ全体の経営情報を迅速かつ多面的に把握し、的確に意思決定するための情報基盤構築が求められていた。グローバル市場での競争力強化に向けて、連結会計基盤の強化も課題となっていた。

 今回構築されたグループ経営管理システムは、オラクルの経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion Financial Management」と、ISIDの連結会計パッケージ「STRAVIS」で構成されている。

 新システムは、これまで各担当部門が個別に収集、管理していた制度会計、管理会計、資金管理の各情報を一元化し、多面的な分析やレポーティングと効率的な決算処理の双方を統合的な環境で実現したという。各部門担当者は共通の環境から必要な情報を必要なタイミングで抽出、活用できるとしている。

 本社と海外地域統括会社の連結会計システムのインターフェースを備えることで、統括会社傘下企業の詳細情報を取得できるようになった。従来は把握できなかった個社別や製品別、市場別実績などのタイムリーに分析でき、迅速で的確な事業戦略立案に役立っているという。

経営管理システムの構成
経営管理システムの構成(ISID提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]