編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

パブリック環境の通過を回避してハイブリッドクラウドを構築--エクイニクスが新サービス

NO BUDGET

2014-06-26 08:16

 エクイニクス・ジャパンは6月25日、既に北米と欧州で展開している「Equinix Cloud Exchange」サービスの提供をアジア太平洋地域において7月1日に開始すると発表した。

 Equinix Cloud Exchangeは、世界中のさまざまなクラウドとネットワークに、継ぎ目なく、オンデマンド形式で直接接続できるようにするサービス。クラウドサービス提供者と利用者間のプライベート接続により、従来のパブリックインターネットを介したクラウドへのアクセスを回避し、クラウドへの安全なパスと高スループットのアクセスによって安定した環境で業務を実施できるようにする。

 エクイニクスソリューション検証センターにおける実証実験によれば、パブリックインターネットを通じたクラウドアクセスと比較し、直接アクセスすることによる処理能力は47%向上するとしている。

 また、クラウドへの自動接続と、マネージドサービスプロバイダによるサービスの協調を実現。ハイブリッドクラウド環境を構築する企業を対象に、シンプルで拡張性と柔軟性に富んだマルチクラウドサービス環境を提供するとしている。

 このマルチクラウドサービスへの接続管理には、専用のポータルとAPIを用意、Equinix Cloud Exchangeを介してサービス提供者に自動的にエンドツーエンドの回線を確保でき、ほぼリアルタイムのヴァーチャルサーキットの割当、監視、設定が可能となる。

 Equinix Cloud Exchangeは、今回のアジア太平洋地域のサービス拡張により、香港、シンガポール、シドニー、東京、シリコンバレー、ワシントンD.C.、ニューヨーク、トロント、シアトル、ロスアンジェルス、アトランタ、ダラス、シカゴ、ロンドン、アムステルダム、フランクフルトの世界16カ所のマーケットで展開され、2014年末までには19カ所に拡大する計画だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]