アップルがIBMとの提携で実現すべきこと--ソニーと同じ過ちを犯さないために

Robin Harris (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年07月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーを覚えているだろうか。日本の革新的な企業として、クールな消費者向け電子機器の分野で何十年にもわたって優位に立っていた。1950年代のポケットサイズのトランジスタラジオ(同社は現在も製造している)から始まって、「Trinitron」テレビやビデオレコーダー、「WALKMAN」、MiniDisc、Betamax、Video8、DAT、光学ディスク、3.5インチディスク、Blu-ray、「PlayStation」シリーズなど、技術的に優れた製品を他社に先駆けて開発してきた。

 デザイン性の高い革新的な製品を高い価格設定で売るというソニーの消費者向け製品戦略は、Steve Jobs氏の下でAppleが採用した戦略に似ていた。Jobs氏は企業の支持を求めることを嫌がった(利益になるサーバやストレージの事業よりも「iPhone」に注力した)が、Appleのその姿勢はTim Cook氏の下で明らかに変わっている。

 それはAppleにとって非常に良いことだ。

ソニーの画期的な製品である「ポケットサイズ」ラジオ「TR-63」。
ソニーの画期的な製品である「ポケットサイズ」ラジオ「TR-63」。
提供:Sony Corporation

 次々にヒット製品を生み出せる間は、ソニーの業績は好調だった。しかし、松下電器産業(現パナソニック)などの他社はソニーを観察し、ソニーが市場の存在を証明した後で、より安価な類似製品を大量生産していた。

 サムスンが学んだように、裁判所がAppleのデザイン特許を骨抜きにしたことで、これは非常に有効なビジネスになり得る。何といっても、サムスンはApple製品の多くの部品を製造しているので、Appleより有利な立場にいる。そっくりにコピーすれば、製品が完成というわけだ。

Appleの魔法のような10年間

 AppleとIBMの提携は両社にメリットがある。AppleもIBMも特別なブランドであり、事業内容は競合しない。

 IBMはバックエンド技術に大規模な投資を行っている。Appleは第一級のモバイルフロントエンドを所有する。Appleの「iOS」開発者ベースと企業分野への影響を考えると、IBMにとってのリスクは小さい。IBMがそれをうまく活用できないとしたら、それは同社の責任だ。

 Microsoftと違って、Appleはエンタープライズ分野でIBMを打ち負かすことに興味はない。AppleとIBMの関係が緊張することはあるだろうが、それでも90年代前半のMicrosoftとの戦争のような状態になることはないだろう。

 企業が気まぐれな消費者ではないということも、Appleにとって非常に大きな利点だ。企業はおもちゃではなく、生産性に投資する。ひとたびシステムがうまく機能するようになれば、何年間も使い続けてくれる。

 それは長期にわたって安定した売り上げを得られるということであり、「Windows」に長らく利益をもたらしてきた企業の囲い込みのようなものだ。企業は消費者と違って次の目玉製品を求めて騒ぐこともない。壊れていないものを直す必要はないのだ。

革新のペース

 この最後のポイントは重要である。わずか10年の間に「iPod」とiPhone、そして「iPad」を生み出したAppleの魔法のような10年間は、もう二度と来ないからだ。Appleはモバイルの波をとらえて鮮やかに乗った。その一方で、競合他社は利益の少ないWintelマシン戦争を戦っていた。現在の「Android」陣営の企業も同じような状況に置かれている。

 さすがのAppleも、もう一度、3つのヒット商品を立て続けに開発することは難しい。コンピュータ分野の大規模な革新は、ほぼ10年に1回のペースで起こる。50年代のメインフレーム、60年代のミニコンピュータ、70年代のマイクロプロセッサ、80年代のPC、90年代のノートPC、00年代のスマートフォン。このトレンドは偶然ではない。

 もしAppleがウェアラブルテクノロジをヒット商品にする方法を2010年代に思いついたら、何年にもわたってそれが標準になるだろう。現行製品に少しずつ機能強化が施されていくことはあるだろうが、iPhoneのような画期的な新製品はないはずだ。

結論

 Appleの今後10年間の課題は、Microsoftがこの25年間Windowsで享受してきたような揺るぎない地位をエンタープライズ分野で築き上げることだ。80年代にIBMと提携したことで、Microsoftがそれを成し遂げたように、今回IBMと提携したAppleもそれを成し遂げるだろう。

 Steve Jobs氏は種をまいた。Tim Cook氏の役割は今後10年間が豊作になるよう取り計らうことだ。

 ソニーはこれをほとんど成し遂げられなかった(Trinitronテレビは大きな例外だ)。遺産を永遠に受け継いでいくために、Appleはまさにこれを成し遂げなければならない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算