グーグル、「Google I/O 2014」アプリのソースコードを公開

ZDNet Japan Staff

2014-08-01 11:31

 Googleが、Google I/Oアプリの2014年版ソースコードをgithubで公開した。

 このアプリは6月に開催されたI/Oイベントの参加者用に「Google Play」で提供されたものだが、「Android」アプリ開発のベストプラクティスを示す実用的な例として参照されることも意図して設計されているという。

 同アプリではFragment、Loader、Service、BroadcastReceiver、アラーム、通知機能、SQLiteデータベース、ContentProvider、ActionBar、NavigationDrawerなど、多くの Androidアプリで利用するさまざまな機能が利用されているほか、Google Drive APIやGoogle Cloud Messagingといった、各種Google製品やサービスを統合する方法も参照できる。

 同社は今後数週間にわたって、ソースコードに関する詳細な技術情報やアプリの開発プロセスについても紹介する予定だとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]