アップルの法人市場攻略にMacが果たす役割--Q3決算から考える

David Morgenstern (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年08月11日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 遠い昔、「Macintosh」が最初の黄金時代を迎えていた1980年代後半、Macはビジネスでも良く使われるコンピュータだった。

 最近Macを使い始めた人は、このことを知って驚くかもしれない。当時は、大企業から中堅中小企業(SMB)までさまざまなビジネスセグメント向けに、複雑な計算を処理するMac向け商品を提供する開発者がいた。同プラットフォーム向けのカスタムソフトウェアを開発する独立系ソフトウェアベンダーの市場も活況を呈していた。

 知ってのとおり、これらのセグメントではPCがMacに取って代わった。Macはクリエイティブコンテンツ市場に追いやられ、すべてではないが多くのセグメントで、変化を拒む一部のユーザーだけが使い続けるという状況になった。

 発表されたように、AppleとIBMが両社の強みを1つにする「MobileFirst」ソリューションの取り組みは、「iPad」と「iOS」を法人市場に売り込むことが狙いだ。しかし、Appleが再び法人顧客を見据えている今、Macも関わってくると考えなければならない。Appleが先ごろ、2014会計年度第3四半期決算発表に際して行った金融アナリストとの電話会議を聞きながら真意を探っていた筆者は、そのような印象を受けた。

 Appleの最高財務責任者(CFO)であるLuca Maestri氏によると、2014会計年度第3四半期におけるMacの販売台数は、前年同期比18%増の440万台だという。売れ筋は「MacBook Air」だ。Maestri氏は、MacBook Airの大量導入が教育分野でのMacの成長につながったと述べている。

 AppleはWorldwide Developers Conference(WWDC)で、6月時点でのMacのインストールベースは8000万台だと述べた。仮に第4四半期にも同じ台数のMacが売れたとすると(9月に新学期前のセールが行われるので、それ以上売れるはずだ)、Macのインストールベースは9800万台まで拡大し、1億台の大台に近づく。その場合の年間成長率は22.5%だ。

figure_1
提供:Apple

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算