編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ビッグデータ検索の新興企業Adatao、1300万ドルを調達

CNET Japan Staff

2014-08-08 12:44

 ビッグデータの検索を手がける新興企業Adataoは、Andreessen Horowitzが率いるシリーズA投資ラウンドで1300万ドル近くを調達した。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 WSJによると、カリフォルニア州サニーベールに拠点を置くAdataoは、Googleや米Yahoo、米陸軍研究所(ARL)の出身者らによって2012年に創業された。機械学習や自然言語処理、インメモリ(つまり高速な)コンピューティングを組み合わせることで、ユーザーが一般的な英語、あるいはSmart QueryやSQL、Scala、Java、Python、Rのいずれかのコンピュータ言語を用いてクエリを記述できるシステムを作り上げることを目的としている。

 このシステムはHadoopが取り扱えるあらゆるデータを収集するため、ユーザーは検索対象データの型を知っておく必要がないのだという。

 Adataoは、カリフォルニア大学バークレー校のAMPLab内で実施されているオープンソースプロジェクト「Apache Spark」に将来を賭ける新興企業数社のうちの1社だとされている。Apache Sparkは、Hadoopの個々のコンポーネントを統合することで、ビッグデータアプリケーションのためのより堅牢なフレームワークを提供するというもの。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]