編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「iOS 8」の「HealthKit」がもたらすメリットとは--アップルのヘルスケア戦略

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-01 06:00

 どんなApple製品が登場しようとしているのか推測することが、多くの評論家やアナリストに人気の娯楽となっている。この数年、われわれはAppleブランドのテレビについてもったいぶって話をしてきたが、その後は矛先を変えて、いわゆる「iWatch」が、すでに潤沢なAppleの銀行残高にいかに多額の金を追加しうるかについて話してきた。

 しかしAppleは、賢い判断だと思うが、こうしたアドバイスを無視して、はるかに儲かる市場を狙うことに決めたようだ。それはヘルスケア市場だ。


提供:Apple

 多くの人が気づいていないのは、Appleがすでにヘルスケア市場に参入していることだ。「iPhone」や「iPad」はすでに、歩数計から血圧モニタまで、さまざまな医療やフィットネス関連製品のハブになっている。しかしAppleは、すべてにAppleロゴがあしらわれた(費用がかかり、リスクも伴う戦略となる)独自のデバイスでヘルスケア市場に参入するよりも、サードパーティーがこうしたデバイスを開発できる、ソフトウェアプラットフォームを構築することに集中している。

 そしてその戦略は効果を上げている。

 「iOS」は、サードパーティー製ハードウェアのエコシステムという点では、最も恵まれたモバイルプラットフォームだ。わずか数年前には可能だとは思わなかったようなアクセサリが、iPhoneやiPad向けに提供されている。これは結局Appleが、開発者の開発ベースとなる安定した統合的プラットフォームを作り上げているということなのだ。Appleが5億台のiPhoneと2億台以上のiPadを販売し、サードパーティー製アクセサリの広大な潜在市場を作り出していることも一役買っている。

 アクセサリメーカーにとって、これはうまく活用できる巨大なユーザーベースだ。

 それから、Appleが「Made for iPhone」のライセンスプログラムで収益をあげていることも忘れてはならない。

 ユーザーベースが存在し、iOSを取り巻いてサードパーティーによる大規模なヘルスケア関連アクセサリ市場が成長した今、当然進むべき次のステップは、Appleが現在「iOS 8」でしようとしている、あらゆるヘルスケアデータを1カ所に集約するプラットフォームを構築することだ。1日の歩数はこのアプリ、健康状態のデータは別のアプリ、栄養関連のデータはまた別のアプリ、というようにあれこれ探すのではなく、ユーザーデータ全てが1カ所で利用できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]