トップシェアは射程--伝統の電設資材事業でパナソニックが進める世界戦略のキモ - (page 3)

大河原克行

2014-10-04 08:00

 ロシアやアフリカ、東欧、中近東といったCタイプが普及している市場に対しても、トルコの地の利や人脈を生かした販売展開を強化。生産体制の拡張も含めて事業を本格化する。

 「たとえば、アフリカ市場では、2018年度に10%のシェアを目指している。すでに中国メーカーが参入し、低価格製品市場が形成されつつある市場だが、中国メーカーが中国から物流するのに対して、トルコからの物流の優位性や現地協力工場などを活用した生産リソースの確保により、アフリカ市場にも積極的に展開していく」と有井氏は語る。

ミッドクラスのArtlineには子ども向けの製品もある ミッドクラスのArtlineには子ども向けの製品もある
※クリックすると拡大画像が見られます
ハイエンドのThea ハイエンドのThea
※クリックすると拡大画像が見られます
Swarovskiとのコラボレーションモデルも用意
Swarovskiとのコラボレーションモデルも用意

 VİKOでは、ロシア市場向けに2015年度からパナソニックブランドの製品も投入。今後は、BSタイプの製品もドバイの販売会社を通じて2015年度には出荷する計画だという。

 有井氏は、「どの市場でも10%のシェアを獲得することが、パナソニックとしての存在感を示すことにつながる。今後、LegrandやSchneiderといった大手メーカーとの競合が激しくなるだろうが、パナソニックとVİKOのポジションはいいところにあると考えている。今後、年率10~15%の成長を見込み、グローバルトップシェアを目指す」と意気込みを見せている。

 そして有井氏は「配線器具事業でM&Aは今後欠かせない選択肢になる」と買収戦略を加速させる考えも示す。シェア拡大と市場開拓のための戦略地域に対しては、M&Aを積極展開する姿勢だ。2018年度には配線器具だけで現在の1.5倍となる約1300億円の売上高を目指す。

 パナソニックの配線器具を中心にした電設資材事業のグローバル戦略は、いよいよ本番となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]