編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Dreamforce 2014

セールスフォース、6つの業界向けにカスタマイズしたアプリケーションを発表

Aimee Chanthadavong  (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-10-14 15:54

 Salesforceは6つの業界に特化したアプリケーションをリリースすると改めて発表した。同社は6つの主要業界を中心にして事業戦略を見直すことを計画しているが、この発表はその計画に沿ったものだ。

 その6つの業界向けのアプリケーションは、銀行、通信、生命科学、自動車、消費財、公共部門をサポートする。アプリケーションはあらかじめパッケージ化され、個別の業種向けにカスタマイズされた特定のビジネスプロセスを提供するように設計されている。

 Salesforceでアジア太平洋地域を担当するプロダクトエンジニアリングバイスプレジデントのDan Bognar氏によると、これらのアプリケーションを提供する目的は、「ビジネスプロセスにとってこれまでよりはるかに整合性のとれた方法」で、「より大きな価値」を顧客に提供するのを支援することだという。

 「顧客が何を求めているのかに注目したところ、業界プロセスのサポートであることが分かった。なぜなら銀行のビジネスプロセスは、通信会社のそれとは完全に異なるからだ」(Bognar氏)

 Bognar氏によると、同社が最も大きな成長を見ている業界が、最初のサポート対象となっているという。しかし、今後ほかの業界のサポートも発表される可能性があることを同氏は示唆した。

 Salesforceは4月に事業戦略の見直しを初めて発表したときに、こうしたアプリケーションの投入だけでなく、業界の専門家で構成されるチームを編成して、優先パートナーのエコシステムを開発し、同社の「Salesforce1」プラットフォームを活用して、各部門の主要な課題に対処するソリューションを作成することも明かした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]