編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「OpenStack」の新バージョン「Juno」がリリース--Hadoopでビッグデータ処理が可能に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-17 10:27

 大手IT企業が共同で取り組む「OpenStack」の最新バージョンがリリースされた。この「OpenStack 2014.2」は「Juno」と名付けられ、ビッグデータ関連の新機能が追加されている。

 新しいOpenStackには、あまり多くの新機能は追加されていない。OpenStack FoundationのエグゼクティブディレクターであるJonathan Bryce氏は、Junoについて、追加された新機能の10倍の数のバグを修正した、Icehouseのコードベースを成熟させたバージョンだと説明している。

 とはいえ、Junoには重要な新機能である「Sahara」が追加されている。これによって、OpenStackでHadoopのビッグデータアプリケーションを動かすことができる。また、SaharaではHadoopと協調して動作するインメモリコンピューティングフレームワークである「Apache Spark」もサポートされている。同時に、「OpenStack Trove」には、NoSQLデータベース管理システムであるMongoDBのクラスタをサポートする新しいクラスタリングAPIが追加された。

 ストレージコンポーネント「Swift」がSwift 2.0になったことにも要注目だ。これによってクラウド管理者はOpenStackのバックエンドストレージオプションをより細かくコントロールできるようになる。

 OpenStackのネットワークコンポーネントである「Neutron」のIPv6サポートも改善されている。また、「Nova」では初めてネットワーク機能仮想化(NFV)がサポートされたが、これはまだベータ(あるいはアルファ)テスト水準の技術だ。

 簡単に言えば、OpenStackのクラウドでHadoopを使ったビッグデータの処理を行いたいのでなければ、今回のリリースにはそれほど刺激はない。ただし、新しい機能よりも重要なのは、これがこれまでで最も本番環境で使う準備が整っているリリースだということだろう。多くのクラウド管理者は、どんなに素晴らしい新機能よりもこれを歓迎するはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]