編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Office 365」にMDM機能を追加へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-29 10:15

 Microsoftは現地時間10月28日、スペイン・バルセロナで開幕した「Tech Ed Europe」の基調講演で、「Office 365」にモバイルデバイス管理(MDM)を追加することを発表した。Office 365に直接MDM機能を組み込むことで、デバイスだけでなく、Windows、iOS、Androidが動く端末上のアプリやデータも管理できるようにするという方針を一歩進めることになる。MDM機能により、管理者はポリシーを利用したデバイスの管理が可能となる。必要に応じて、個人データは残したまま企業のデータをワイプすることも可能だ。Office 365向けMDMは、2015年第1四半期に提供を予定している。

 Tech Ed Europeではまた、MicrosoftのMDMサービス「Intune」の最新機能も披露された。最新のIntuneは、ユーザーが業務アプリや「Office Mobile」アプリを管理するにあたって新しい方法を提供する予定だ。アプリの閲覧と管理をより安全に行うこともできる。Intuneの最新版は、「数カ月以内に」提供するとのことだ。

 これらの新機能を利用して、顧客はOffice Mobileアプリを管理したり、自社の業務アプリケーションに管理機能を重ねたり、安全にモバイルアプリを閲覧するなどのことができる。また、条件付きアクセス機能による企業のリソース利用管理の改善もはかれるとしている。

 Microsoftの幹部はこのほかにも、データの損失を防止するDLP(Data Loss Prevention)技術の利用をOffice 365全体に拡大する計画も発表した。「今後数カ月以内に」「SharePoint Online」「OneDrive for Business」で提供するという。2015年には、OfficeアプリでDLP通知機能をサポートするとのことだ。

 Microsoftはまた、電子メール、ファイル、カレンダー、連絡帳向けのRestベースのプログラミングインターフェースをAndroid、iOS、Windowsおよびウェブアプリを開発する開発者に提供することも発表した。Office 365 APIを利用してさまざまなモバイルプラットフォーム向けにアプリを構築する開発者に向けて、ネイティブアプリ開発向けの新しいソフトウェア開発キット(SDK)を開発中であることも明かした。同日、最新の「iOS SDK for XCode」のプレビュー版を公開した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]