クラウド市場深読み分析:イノベーションなき事業者は破壊されるのか - (page 2)

鈴木 逸平

2014-11-11 07:00

T型フォードというイノベーション

 サーバアプリケーションの仮想化環境移行サービスを提供する「appzero」の最高経営責任者(CEO)、Greg O'Conner氏は、今のクラウド業界が、自動車業界においてFordが完成度の高い大衆車「T型フォード(Model T)」を発表した時代に酷似していると指摘しています。


Model T

 Model Tの製造コストに関する徹底的なイノベーションの末、1920年には200社あった自動車メーカーは、1940年にはたった8社に減少する、という現象が起きました。イノベーションについていけなかったメーカーが、短期間で次々と統合や合併、廃業に追い込まれたわけです。

 データセンター業界においても、同様の動きが想定されるとこのアナリストは主張しています。その根拠として挙げられているのは、やはりイノベーションというキーワードです。データセンター事業という市場は、安定したサービスを提供することが命題であり、イノベーションがもともとのDNAに編み込まれていないという点を指摘しています。

 「企業のデータセンターの従業員は、イノベーションがなくても誰もクビにはならない。ここがクラウドベンダーの従業員と大きく違うところ」と語っていますが、従来のホスティング、コロケーション事業の延長線上としてクラウド事業をスタートして、急にイノベーション指向の高いビジネスを推進できるのかどうか、その辺を現実的に見極める必要があるとデータセンター事業者にとってはかなり辛口のコメントです。

 さて、現在のFortune 5000に入っている企業の保有しているデータセンターの数を合計すると、3万5000カ所あるといわれています。もし、自動車業界のモデル同様に、2030年までにデータセンターの数が90%減少したら、3万カ所のデータセンターがこの世からなくなることになります。

 自動車とITは似て非なる業界ではありますが、イノベーションの力がいかに大きいか、その例として大変参考になるケースであると思いますし、IT業界にも同等のパラダイムシフトが起きているとは言えるのではないでしょうか。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]