編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、第1四半期決算を発表--2015年よりCFOが交替へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-13 12:54

 Cisco Systemsが米国時間11月12日、第1四半期決算(10月25日締め)を発表した。純利益は18億ドル(1株あたり35セント)だった。

 非GAAPベースでは売上高が前年同期比1%増の122億ドル、利益が1株あたり54セント。金融アナリストたちは、売上高が121億6000万ドル、利益が1株あたり53セントと見込んでいた。

 また今回の決算では、経営陣の刷新もあわせて発表された。

 エグゼクティブバイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)のFrank Calderoni氏が2015年1月1日付で退任する。後任は現在のコーポレートファイナンス担当シニアバイスプレジデントKelly A. Kramer氏。

 同社の最高経営責任者(CEO)John Chambers氏は決算発表の電話会議で、より多くの企業や都市が「デジタル化」する状況を鑑み、「箱」をネットワーク化するだけでなく、アーキテクチャやデータセンターを供するビジネスモデルの開発が必要だと強調した。

 同氏は第2四半期の売上高は前年同期より4〜7%増え、非GAAP利益は前年同期比6〜11%増の1株あたり50〜52セントになるとの見通しを示した。

 現四半期について、アナリストたちは売上高120億9000万ドル、利益が53%と予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]