AWS、コンテナ管理サービス「EC2 Container Service」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-14 10:13

 ラスベガス発--Amazon Web Services(AWS)は、あらゆる規模でコンテナを管理することが可能な「EC2 Container Service」を発表した。

 AWSの最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏は、re:Invent 2014でこの新サービスの概要を説明した。これは、複数のアベイラビリティゾーンを横断して、スケジュールしてコンテナを使用できるというものだ。

 このサービスには次のような特徴がある。

  • AWSの顧客がネイティブに利用できる
  • 簡単
  • Docker Hubと統合されている
  • クラスタ管理を提供する

 昨今では開発者の間でコンテナ技術がよく使われるようになっている。その理由は単純で、コンテナを使えば開発に一貫性を持たせることができ、アプリケーションの展開が容易になる。Dockerのような企業に人気が集まるのは、開発者の現場のニーズを解決してくれるからだ。それに加え、オープンソースプロジェクトであるDockerテクノロジは、分散アプリケーションを管理する手法としての評判が高まっている。このため、DockerはVMwearキラーだと見なされることもある。

 そのような見方が正しいかどうかはさておき、DockerテクノロジがAWS、Microsoft、Googleを始め、多くのプラットフォームでサポートされていることは確かだ。

 AWSのコンテナサービスは、同社のサービスを利用する開発者層に訴えかけ、この技術で一足飛びに成長しようとしているGoogleを牽制するものだ。AWSはEC2 Container Serviceのデモを行ったが、このデモに共感したのは開発者だけかもしれない。いずれにせよ、EC2 Container Serviceは歓迎されていた。

 Dockerの最高経営責任者(CEO)Ben Golub氏も、AWSへのDockerの統合を大いに売り込んだ。Dockerが重要なのは、Google、Microsoft、VMwareなどがDockerをサポートしているということだけではなく、これがアプリケーションの素早い展開を可能にするオープンソースのコンテナ技術だからだ。クラウドプロバイダーはDockerをサポートすることで、顧客が離れるのを防ごうとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]