編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米国土安全保障省、「Windows Server 2003」のサポート終了について注意喚起

Larry Seltzer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-18 12:44

 Microsoftは「Windows Server 2003 R2」のサポートを2015年7月14日で終了する予定だ。サポートの終了は「Windows Server 2003」の初期版とR2版の双方に対して適用される。米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)も、Windows Server 2003 R2の使用を続ける組織にふりかかる危険について警告を発している。

 2015年7月14日(月例パッチのリリース日)以降、これらのサーバ製品はセキュリティアップデートを受け取れなくなり、技術的なサポートも提供されなくなる。Microsoftは顧客にアップグレードを促すための独自キャンペーンを実施してきている。なお、「Windows XP」の場合と同様に、組織は有料でMicrosoftからのサポートを継続して受けられる。

 US-CERTの警告では、セキュリティアップデートの定期的な提供が実施されないシステムは、悪意のある攻撃やデータ漏えいの双方によって、はるかに高いリスクにさらされると指摘している。また、Windows Server 2003に対するベンダーサポートの終了に伴い、ユーザーはハードウェアとソフトウェアの双方で互換性の問題に直面することになるとも指摘している。さらに、サポート期間の終了したWindows Server 2003を稼働させ続けた場合、企業は組織内の、あるいは業界や政府の規則に準拠できなくなるおそれがあるとも指摘している。

 US-CERTは、米国土安全保障省(DHS)内の米国家サイバーセキュリティ・通信統合センター(NCCIC)によって運営されている公的なサービスである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]