編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クアルコム、ついにインテルの牙城に照準か--サーバ向けARMチップを開発と米報道

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-20 12:49

 ARMサーバは、その消費電力の低さからサーバルームに置かれるようになって久しく、最近ではデータセンターでも使われるようになってきている。Applied Micro CircuitsやAdvanced Micro Devices(AMD)、Caviumといった数多くのARMベンダーがこのトレンドを推し進めてきているものの、大手のARMチップメーカーであり、「Snapdragon」の設計、製造を手がけるQualcommはサーバ市場に足を踏み入れていなかった。今日まではだ。

 複数の報道によると、QualcommがARMサーバ向けのプロセッサを近々提供するとの発表が最高経営責任者(CEO)Steve Mollenkopf氏によってなされたという。

 ただし、Mollenkopf氏が述べた「具体的な」内容は、Qualcommがデータセンター向けの低消費電力チップを開発中だということのみだ。同社の売上高が2014会計年度に6.5%の増加にとどまり、2013年の約30%増という成長率と比べるとふるわなかった点を考えると、モバイル市場だけにとらわれず、成長の続くデータセンター市場やサーバ市場に参入する必要性を同社の幹部らが感じたとの推測も成り立つ。

 データセンター市場は、スマートフォンやタブレットといった市場に比べると地味かもしれないが、クラウド分野の成長によって、ハイエンドでありながらも低価格なサーバに対する需要が増えてきている。その結果、ARMベンダーらは、データセンター向けチップメーカーの最大手であるIntelに挑戦するチャンスを手にすることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]