編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS、再生可能エネルギーへの100%移行を約束

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-11-20 12:38

 Amazonは米国時間11月19日、同社における再生可能エネルギーの利用率を世界規模で100%にまで高めると約束した。なお、その期限は明確にされていない。

 オンライン小売業からクラウド界の巨人へと転身した同社は、「Amazon Web Services」(AWS)サイト上において、枯渇性エネルギー資源への依存を今後の数年間で減らしていくという長期的な確約を記している。

 Greenpeaceの年次レポートでは、Amazonは現在のところ、データセンター運営業者およびクラウドプロバイダー部門で「最もダーティーな」企業の1つに挙げられている。

 AppleやGoogle、Facebookの各社は既に、大規模データセンターの運用を風力や太陽光を含むクリーンなエネルギーでまかなっていくことを約束している。

 Amazonは、3年前の「米国西部(オレゴンリージョン)」を皮切りにカーボンニュートラル(二酸化炭素の排出量と吸収量が同一となっている)なデータセンターリージョンを作り出してきており、現在では米政府関係の顧客向けに用意された「AWS GovCloud(US)リージョン」を含む3カ所以上のAWSリージョンがクリーンであると見なされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]