編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

リコージャパン、AWS活用サービス拡充--ファイルサーバとADサーバを構築

NO BUDGET

2014-12-10 17:27

 リコージャパンは12月9日、IaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」をより手軽に活用するためのサービスを12月24日から順次拡充し、大手中堅企業向けのクラウドビジネスを強化すると発表した。

 今回のサービス拡充では、AWS上で中堅企業でニーズの高いシステム構成をパッケージ化したものとして「リコーファイルサーバーパック for AWS」「リコーディレクトリサーバーパック for AWS」を提供する。

 前者のリコーファイルサーバーパック for AWSでは、手軽に拡張できるファイルサーバをAWS上で構築し提供する。AWSの利用料を除いた価格は初期費用が60万円から、月額費用が3万円から。2015年1月から発売する。

 後者のリコーディレクトリサーバーパック for AWSは、冗長性の高いActive DirectoryサーバをAWS上で構築し提供する。AWSの利用料を除いた価格は初期費用が60万円から、月額費用が3万円から。2015年1月発売する。

 大手企業向けに提供しているオーダーメイドサービスでは、すでに提供している「リコーデザインサービス for AWS」「リコーマネージドサービス for AWS」に加え、「リコー決済代行サービス for AWS」を新たに追加する。

 AWS利用料の決済をリコージャパンが代行し、ユーザー企業に請求書を発行する。価格はAWSの利用料+10%の手数料。12月24日から発売する。

 リコージャパンは、AWSコンサルティングパートナー認定を取得しており、今後もAWSの技術者を順次拡大していく。リコージャパンは、今後もサービスラインアップを拡充し、AWSビジネスを強化することで、2016年度までに約10億円の事業規模を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]