編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

2015年IT企業の合併・買収はどうなる?--HPやオラクルの動きを大胆予測

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-09 06:00

 IDCは、クラウドコンピューティングの普及とデータセンターの大きな変化が引き金となって、「2015年には、トップクラスのITベンダーの間で2、3件の大規模な合併や買収、再編が起こる」と予測している

 IDCによる2015年の予測は、それほど驚くものでもない。アナリストのFrank Gens氏は、米国時間12月2日に開催されたウェブカンファレンスで、クラウドやモバイル、ビックデータおよびアナリティクスについて多くの内容を話している。より興味深いのは、予測された出来事によってもたらされるベンダーへの影響だ。IDCによる注目すべき予測には、次のような内容が含まれている。

  • 中国は、情報通信技術への支出で存在感を高め、Alibaba(阿里巴巴)やTencent(騰訊)といった企業がグローバルプレーヤーになるだろう。その一方で、中国のベンダーはモバイル分野でのシェアを拡大し、世界のスマートフォン市場の3分の1を占めるようになる。スマートフォンとタブレットの売上高は、全てのIT支出増加の40%を占めるだろう。
  • ウェアラブル製品には多くのイノベーションが登場するが、売上高では期待を裏切る結果となる。
  • クラウドサービスの採用が急増し、2015年の支出額は1180億ドルになる。しかしAmazonはあらゆる方向から攻撃を受けることになる。
  • 「Data as a Service」が、ビッグデータ支出において不可欠な存在となり、予測メンテナンスのアプリケーションが「モノのインターネット」の支出を促進する。
  • ワークロードがクラウドに移行するにつれて、データセンターは変容する。

 実際のところ、業界には変化し続けている要素が複数あり、IDCの予測は、曖昧だが的確といえる程度に具体性がある、難しいものだ。しかし、より注目すべき点は、こうした出来事がベンダーやその顧客にどのように影響するかということだ。

 IDCは、合併する可能性のあるベンダーの名前は挙げていないが、業界の大変動についてのIDCの予測はおそらく当たっているだろう。どのみち、IT企業の大規模な合併や再編は毎年数件あるのが普通だ。ここでは、IDCからバトンを引き継いで、2015年のベンダーについての考えをいくつかまとめた。

  • Hewlett-Packard(HP)の分社化を受けて、EMCとHPのエンタープライスビジネスが合併する。EMCとHPの合併についての報道は2014年に既に浮上しているが、両社は規模が大きすぎてそれを成功させられなかった。HPが2社に分社したことで、より身軽になると同時に、企業としてより良い選択肢を用意できるようになった。EMCとHPの合併というのは納得できる話だ。
  • Oracleの買収戦略がつまずき、結果として再編が進む。Oracleは近年、クラウドサービス企業を熱心に買収してきたが、そうした買収企業の顧客を維持できるかどうかは不明だ。ウォール街が同社の経営体制に疑問を抱き始めている中で、さらに新たな世界規模の買収を行えば、Oracleは再編と改革を余儀なくされるだろう。SAPは本業での成長に注力するために大規模な買収を見送っており、Oracleへの注目が高まる。
  • AmazonはAmazon Web Services(AWS)をスピンオフする。AWSは2015年もIT業界の注目の的だが、競争は一気に激化するだろう。ウォール街からの圧力を受けて、Jeff Bezos氏はAWSを独立した企業としてスピンオフさせる。このスピンオフは、EMCとVMwareの間の提携に似たものになるが、AWSは、クラウド戦争に全面突入するための財源と資本ベースを確保するだろう。
  • Red HatがClouderaを買収する。Red Hatは、アナリティクス分野における自社の地位を固める取り組みの一環として、Clouderaを買収する。社風の面では、この2社のオープンソース企業はうまくかみ合うだろう。戦術の観点から言えば、Red Hatによる買収は、OracleやIBMといった数多くの利害関係者と距離を置く働きをする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]