データセンターマネジメント新潮流

「マネジメントの限界」に迫りつつあるデータセンター - (page 2)

シュナイダー・エレクトリック

2015-01-05 07:30

データセンターは課題のデパート

 データセンターの運用や構築に携わっていないIT部門のかたにも、自社データセンターのマネジメントの現状を感覚的に把握していただくため、ここで1つ質問してみたい。

 「サーバの稼働率やラックの空き状況、機器設置スペースの余裕の有無、電力の使用状況とコストを含め、最近数カ月のデータセンター全体の稼働状況が分かりますか?」

 こう問われて「その程度ならすぐに回答できそうだ」と感じたら、貴社のデータセンターマネジメントは、それなりの水準にはあると言える。しかし、実際のところは「詳細まではよく分からないかもしれない」というケースが少なくないはずだ。

 例えば、データセンターに設置したラック内にあるサーバのCPUやメモリー、ストレージのディスクの使用率などは分かったとしても、空調の消費電力量を含めデータセンターが消費しているエネルギーコストまで正確に把握しているIT部門は必ずしも多くない。


 サーバの処理能力の増強やストレージ容量の増加、空調性能の向上など浮かび上がる課題に1つずつ対処しながら拡張してきたデータセンターは、あらゆるメーカーの機器と設備が混在するようになったこともあり、全体の稼働状況の把握が次第に難しくなってきている。

 ただし、このことはデータセンターが抱える課題のほんの一部にすぎない。データセンターは今、規模を問わず、さまざまな課題に直面している。いうなれば課題のデパートだ。

 経験豊富な担当者のノウハウに頼る部分が思いのほか多く、なかなか進まない運用標準化や高まらない運用効率に悩んでいるIT部門は多い。そんな中、インターネットを活用した商品やサービスの販売に顧客サポートなど、ITへの業務依存度が高まることによって高まり続けるデータセンターの可用性や拡張性への要求に応える必要がある。

 さらに、電気料金の値上げに伴い、データセンターのエネルギーコスト圧縮のプレッシャーも強まっている。一連の課題の解決を目指してデータセンターの改善に取り組もうにも、サーバをはじめとするIT機器や空調などの設備ごとに導入時期や寿命が異なるため、「無駄のない最適解」を見出しづらくなっている面もある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]