編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Apple Watch」に戦々恐々?--大きな影響を受けそうな5つの業界 - 3/6

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-03-05 06:00

フィットネスウェアラブル

 「iPhone 6」もApple Watchもフィットネスを非常に重視しており、歩数や上り下りした階段の数を計測する機能のほか、まるでフレンドリーなインストラクターのように、ユーザーに身体を動かすよう促す機能を備える。

 Appleの現行の製品は、加速度計から気圧センサ、心拍数モニタまで、さまざまなセンサを搭載しており、こうしたセンサを利用することでユーザーの動きを追跡し、ユーザーをおだててもっと運動させようとする。

 ユーザーの健康にとっては素晴らしいことだが、フィットネスウェアラブル市場の既存企業にとっては、あまりうれしいことではない。JawboneやFitBitといった企業は、Apple Watchのアイデアを詳細に検証し、急いで技術革新に着手しなければならないだろう。iPhoneのセンサを活用して物理的なウェアラブルを補完する有料アプリに移行してもいいかもしれない。

フィットネスウェアラブル

 「iPhone 6」もApple Watchもフィットネスを非常に重視しており、歩数や上り下りした階段の数を計測する機能のほか、まるでフレンドリーなインストラクターのように、ユーザーに身体を動かすよう促す機能を備える。

 Appleの現行の製品は、加速度計から気圧センサ、心拍数モニタまで、さまざまなセンサを搭載しており、こうしたセンサを利用することでユーザーの動きを追跡し、ユーザーをおだててもっと運動させようとする。

 ユーザーの健康にとっては素晴らしいことだが、フィットネスウェアラブル市場の既存企業にとっては、あまりうれしいことではない。JawboneやFitBitといった企業は、Apple Watchのアイデアを詳細に検証し、急いで技術革新に着手しなければならないだろう。iPhoneのセンサを活用して物理的なウェアラブルを補完する有料アプリに移行してもいいかもしれない。

提供:Apple

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]