編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

アバイア、映像会議で新端末--無線LAN上でコンテンツを直接共有

NO BUDGET 田中好伸 (編集部)

2015-03-20 08:30

 米Avayaは米国時間3月16日、映像会議システムの機能強化と新端末などを発表した。映像会議のエンドユーザーが同僚や顧客との関係を強化できる「Team Engagement Solution」と称している。

 新端末は会議室向けの「Avaya Scopia XT7100」と「Avaya Scopia XT4300」。Scopia XT7100は、国際標準規格である映像コーデック方式の「H.265ハイプロファイル」をサポートしており、帯域幅を効率的に使用できるという。秒間60フレームの60fpsで、最大でハイビジョン同等の映像品質である1080pに対応。H.265ハイプロファイルでの使用帯域幅を最大50%削減できるとしている。Scopia XT4300は中小規模の会議室向けとなっている。

 Scopiaでは、ノートPCから無線LANで直接コンテンツを共有できるようになっている。LANケーブルを用意する必要がなく、モバイル端末を使うエンドユーザーはScopiaのクライアントソフトとシームレスにハンドオフできるという。映像会議をスマートフォンやノートPCで始めて、会議室に着いてからScopiaにスムーズに移行できるとしている。ノートPCやタブレットでも1080pの映像品質で会議に参加できる。

H175 Video Collaboration Station
H175 Video Collaboration Station
E169 Media Station
E169 Media Station

 Scopiaの基盤ソフトウェアは統合映像ストリーミング機能が強化されている。映像会議の内容を最大で10万人に流せるようになっている。映像の内容は記録でき、YouTubeと同様の感覚で扱えるようにもなっていると説明する。

 エンドユーザーの机上に置いて利用できる端末の新製品として「Avaya H175 Video Collaboration Station」と「Avaya E159/E169 Media Station」が提供される。

 H175は、高解像度のカメラと7インチのタッチスクリーンディスプレイを搭載している。Wi-FiやBluetoothの接続、Outlookカレンダーの接続が利用できるとともに、連絡先や同僚の在席状況が表示されている。コードレスのハンドセットやスピーカーフォンも搭載されている。

 E159とE169は、私物端末の業務利用(BYOD)で許可されたモバイル端末とドッキングできるSIPプロトコルに対応する電話機。「iPhone」「iPad」「GALAXY」(サポートするAndroidはKitKatとJellyBean)のサポートや充電を同時にできるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]