編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトとポリコム、「Skype for Business」向け機器で提携強化

Natalie Gagliordi CBS News Staff 翻訳校正: 編集部

2015-03-20 12:33

 Microsoftは今週、「Skype for Business」の詳細とテクニカルプレビュー版の公開を開始した。同社のこの統合コミュニケーションサービスはかつて「Lync」という名称で呼ばれていたものだ。

 このプレビュー版に関するさまざまなニュースのなかで同社は、Skype for Businessのエンタープライズボイス機能により、「Office 365」から公衆電話回線網(PSTN)経由の電話や会議が可能になると述べている。

 また、MicrosoftはSkype for Business向け会議用機器のポートフォリオを充実させる計画の一環として、IT業界の伝統とも言える提携戦略を選択し、コミュニケーションテクノロジ企業Polycomと手を組むことにした。

 今回の提携強化により、Polycomは同社のビデオ会議ツール「Polycom RoundTable」をSkype for Business向けにカスタマイズし、中小企業にも手が出せる価格のプラットフォームとして提供することになる。

 最初に発売されるのは「Polycom RoundTable 100」であり、価格は1000ドルからになると見込まれている。両社によると、このツールを使うことで中小企業はIT業者の支援がなくても小さな会議室でSkype for Businessを利用できるようになるという。

 さらに、Polycomの「VVX」ビジネスメディアフォンは、Office 365のなかからPSTN経由で通話できる最初の電話機となる。また、「Polycom CX」シリーズのビデオ会議システム(「CX 5100」「CX 5500」「CX 8000」)はPolycom RoundTableシリーズの製品の一部となる予定だ。


Polycom Roundtable

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]