マイクロソフトとポリコム、「Skype for Business」向け機器で提携強化

Natalie Gagliordi CBS News Staff 翻訳校正: 編集部

2015-03-20 12:33

 Microsoftは今週、「Skype for Business」の詳細とテクニカルプレビュー版の公開を開始した。同社のこの統合コミュニケーションサービスはかつて「Lync」という名称で呼ばれていたものだ。

 このプレビュー版に関するさまざまなニュースのなかで同社は、Skype for Businessのエンタープライズボイス機能により、「Office 365」から公衆電話回線網(PSTN)経由の電話や会議が可能になると述べている。

 また、MicrosoftはSkype for Business向け会議用機器のポートフォリオを充実させる計画の一環として、IT業界の伝統とも言える提携戦略を選択し、コミュニケーションテクノロジ企業Polycomと手を組むことにした。

 今回の提携強化により、Polycomは同社のビデオ会議ツール「Polycom RoundTable」をSkype for Business向けにカスタマイズし、中小企業にも手が出せる価格のプラットフォームとして提供することになる。

 最初に発売されるのは「Polycom RoundTable 100」であり、価格は1000ドルからになると見込まれている。両社によると、このツールを使うことで中小企業はIT業者の支援がなくても小さな会議室でSkype for Businessを利用できるようになるという。

 さらに、Polycomの「VVX」ビジネスメディアフォンは、Office 365のなかからPSTN経由で通話できる最初の電話機となる。また、「Polycom CX」シリーズのビデオ会議システム(「CX 5100」「CX 5500」「CX 8000」)はPolycom RoundTableシリーズの製品の一部となる予定だ。


Polycom Roundtable

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]