編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

システム基盤刷新でBI基盤導入、マーケティング担当者のひらめきを支援

NO BUDGET

2015-04-03 08:30

 プラスのステーショナリーカンパニーでは、システム刷新を機にビジネスインテリジェンス(BI)基盤を構築、マーケティング担当者が能動的にデータをチェックできる環境を整備している。ウイングアーク1stが4月2日に発表した。

 ステーショナリーカンパニーではこれまで、IT部門がMicrosoft Accessで作成した帳票やレポートを印刷し、営業やマーケティング、製造などのユーザー部門への情報提供を配布していた。2009年の組織統合に伴うシステム刷新を機に、IT部門の負荷軽減と数字の分析と情報共有を目的にBIの導入を検討することとなった。

 BIツールには、高度で専門的な知識を習得する必要性が少ない点と利用者数に左右されないラインセンス体系であることを重視し、BIエンジン「Dr.Sum EA」を選定した。

システム構成図
システム構成図(ウイングアーク1st提供)

 このBI基盤により、ユーザー部門が把握したいタイミングで能動的に正確な数字を確認できる環境を確立、“漏れのない運用”が実現できたという。マーケティング担当者のひらめきやセンスを支援する環境として評価されている。

 Dr.Sum EAの運用開始から3年経過した2013年、ハードウェアの更改をきっかけにDr.Sum EAの運用環境を「Amazon Web Services(AWS)」上に移行した。管理や保守の運用負担も軽減されているという。

 ステーショナリーカンパニーでは現在、基幹システムの情報を分析するだけでなく、営業やマーケティング、カスタマーサービスで得た情報をCSVに出力して、Dr.Sum EAに蓄積している。今後、現場での情報活用を実現するために、業務に関する全データをDr.Sum EAに集約し、蓄積された10年分のデータの有効活用を検討していくと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]