編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト、モバイルBIベンダーのDatazen Softwareを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-16 12:19

 Microsoftは米国時間4月14日、クロスプラットフォーム対応のモバイルBIツールを手がけるDatazen Softwareを買収したと発表した。買収金額は明らかにされていない。

 カナダのトロントに拠点を置くDatazenは、「Windows」や「iOS」「Android」を搭載した機器上でのデータの可視化や重要業績評価指標(KPI)データの提供を実現する企業だ。Microsoftはこの買収によって同社の「Power BI」によるセルフサービス型のBI戦略を加速させたい考えだ。

 Datazenは、2002年にユーザーインターフェースとデータの可視化技術にまつわる開発ツールのベンダーとしてComponentArtという名前で設立された企業だ。

 Microsoftによると、Datazenのツールは既に「Microsoft SQL Server Analysis Services」(SSAS)とともに使用することを前提に最適化されているという。なお、「Microsoft SQL Server Enterprise Edition」の2008年版以降の顧客は14日から「Datazen Enterprise Server」を無償でダウンロードできる。また、ネイティブ版のモバイルアプリもそれぞれのアプリストアから無償で提供されている。

 Microsoftは、Datazenがからむ将来の計画を「今後数カ月の間に」発表すると述べた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]