編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
Oracle OpenWorld 2014

オラクル、ビジネスインテリジェンスをクラウドで提供

ZDNet Japan Staff

2014-10-01 09:53

 米Oracleは年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco2014」を開催しており、数多くの新製品やサービスを発表している。

 米国時間の9月29日には、企業のすべての従業員が、自分の業務を分析データに基づいて遂行できるようにすることを目指す「Oracle Business Intelligence Cloud Service」(Oracle BI Cloud Service)を、同社の分析クラウド製品群「Oracle Analytics Cloud」の1つとして提供すると発表した。

 モバイル機能を搭載するBI Cloud Serviceは、クラウドによるシンプルさと高いコスト効率を両立しながら、セキュアな情報へのアクセス提供を目指すもの。操作を単純化することで幅広いユーザーの利用を促し、組織全体の意思決定を迅速化する。

 具体的には次のような特徴がある。

 「クイックスタート」――ウィザードによる単純なデータの取り込みやデータモデルのイントロスペクション機能により、ユーザーはプログラミングや特別な解析のスキルがなくても非定型や定型分析、分析レポーティング、データマッシュアップを構築できる。

 「導入の容易さ」――ガイダンスやチュートリアルが統合されたインタラクティブなユーザーインターフェースにより、直観的な操作性を目指したという。

 「モバイル」――モバイル機能を内蔵しており、追加の開発も必要なく、タッチ、ドリル、インタラクションなどの機能を用いた外出先での解析が可能。

 Oracle OpenWorld 2014のレポートはこちら

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]