Hadoop大手と連携するシスコ--ビッグデータ基盤をワンストップで提供

山田竜司 (編集部)

2015-04-23 12:41

 シスコシステムズは4月16日、 Hadoopのシステム構築などを担うClouderaやHortonworks、MapRとソフトウェアの再販契約を締結したと発表した。3社の手掛けるHadoop関連の製品やサービスを提供、サポートする。分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」のデータ管理機能がシスコのサーバ上で利用できるようになるという。


シスコ 執行役員 データセンター/バーチャライゼーション事業担当 俵雄一氏

 今回の連携により、ビッグデータ向けツール「Cisco UCS(Unified Computing System) Director Express for Big Data」を利用し、ClouderaやHortonworks、MapRの管理ツールと、ビッグデータ向けの統合インフラである「Cisco UCS CPA(Common Platform Architecture) 」の管理ツールを統合、Hadoopの導入を自動化できるという。ClouderaやHortonworks、MapRソフトウェアとCisco UCSサーバの双方を一元的に展開、管理、把握する。これにより、複雑さ低減し、レスポンスタイムを短縮、迅速かつ容易にHadoopを展開、管理できるとした。

 また、仮想化機能「Cisco Data Virtualization」により、データの抽出、アクセス、検索ができ、Hadoopクラスタにデータを提供し、費用対効果に優れた方法でのデータを処理や管理する。

 統合インフラとソフトをまとめて提供することにより、Hadoopクラスタの拡張が容易になるという。大量のデータをいかに低コストで保存できるか、スモールスタートの需要に合わせて容易に拡張できるかが重要と説明している。

 ネットワークなどインフラの展開が中心のシスコだが、今回の発表はアプリケーションでもさまざまな事業者と提携し、エコシステムを形成、ビッグデータの分析基盤をワンストップで提供することになる。

 一方、Hadoop用にシスコのサーバ製品「Cisco UCS」をアピールする理由は何か。シスコの執行役員であり、データセンターとバーチャライゼーション事業を担当する俵雄一氏は、ビッグデータの解析に有効なのはベアメタルサーバであるとし、これをソフトウェアで制御、プロビジョニングでき、スケールアウトしやすいUCSの利便性を訴えた。UCSを1000台以上利用している例もあるという。

 ビッグデータ分析をワンストップで提供するため、Hadoopに加え、データ抽出や変換、ロードするためのExtract/Transform/Load(ETL)ツールやビジネスインテリジェンスなどのアプリケーションを提供する。会見ではSASやSplunk、Informatica、QlikTechなどとの提携が発表された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]