編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AWSとマイクロソフトの好調さ際立つ--決算に見るクラウド市場

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-05-08 06:30

 最近発表された決算の結果を見る限り、AmazonとMicrosoftは、他社の追随を許さないクラウドベンダーであるようだ。両社はともにシアトルに拠点を置き、クラウド分野で非常に好調だ。一方は規模を強みとし(AWSは今や50億ドル規模の事業だ)、もう一方は高い成長率を誇っている(Microsoftのコマーシャルクラウドの売上高はまたしても倍増した)。

Amazonの重要な発表

 先に決算を発表したのはAmazonだ。同社は初めてクラウド関連の数字を分けて開示することを決断した。

 まずは50億ドルという数字だ。Amazonの最高経営責任者(CEO)を務めるJeff Bezos氏は、これがAWSの事業規模だと宣言し、「今も加速している」と続けた。BloombergのJack Clark氏が強調しているように、それは100万という顧客数と200万台のサーバに相当する。

 大きな数字だが、同様に驚異的なのは、49%というAWSの売上高の増加ペースだ。

 確かにそれらの数字は印象的だが、さらに印象的なのは、AWSが前四半期に2億6500万ドルの利益を出したことかもしれない。つまり、AWSの利幅はHewlett-Packard(HP)やEMC、NetApp、Red Hatより大きく、IBMとほぼ同じということだ(ただし、Microsoftには及ばない)。Timothy Prickett Morgan氏は次のように説明する。

競争が熾烈な市場のITサプライヤーの利幅とは思えないほどの数字だが、クラウドコンピューティングの利便性とAWS製品群の高度化によって、同社のプレミアムな設定が可能になっている。

 業界のAWSに対する見解はまったくの間違いだったことが分かった。エンタープライズIT分野の大手企業は、長年にわたってAmazonの利幅をあざ笑っていた。

 事実上、それらの企業が利幅の小さそうなクラウドサービスで自らの手を汚したくないと考えてきたおかげで、AWSは他社に7年も先んじることができた。どの企業もその差を埋めることができないように思える。例外があるとすれば、Microsoftくらいだろう。

figure_1

Microsoftもかなりの利益を得ている

 BloombergのDina Bass氏が報じたように、Microsoftはコマーシャルクラウドの売上高を再び倍増させた。これで7期連続であるという。

 しかし、その「コマーシャルクラウド」の売上高に「Microsoft Azure」が実際に占める割合は、どれくらいなのだろうか。

 Microsoftのクラウドの総売上高27億6000万ドルに、「Office 365」などAzure以外のクラウド売上高が多く含まれている(ほとんどかもしれない)ことは明白だが、Azureのみの売上高ははっきりしない。

 そこで、Deutsche BankのアナリストであるKarl Keirstead氏の試算を紹介しよう。Keirstead氏はAWSの売上高を、MicrosoftのAzureの約10倍と見積もっている。Jeff Bezos氏が4月下旬に述べたように、AWSは50億ドル規模の事業だ。ということは、Azureは5億ドル規模の事業なのだろうか。

 そうかもしれないが、それがすべてではない。Synergy Researchが指摘するように、やはりMicrosoftのAzureは(規模で劣るとはいえ)、今もAWSを上回るペースで成長している。

figure_2

 AzureはAWSに追いつくことができるのだろうか。

 それは210億ドルの価値がある質問だ。IDCによると、現在のパブリッククラウドインフラストラクチャ市場の規模は210億ドルだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]