編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オラクルのM・ハードCEO:「10月までに製品の95%をクラウド対応へ」--Bloomberg

ZDNet Japan Staff

2015-04-27 10:50

 オンプレミスのデータベースベンダーとしてトップに君臨してきたOracleが、クラウド戦略を加速させる。同社で共同最高経営責任者(CEO)を務めるMark Hurd氏は、製品の95%をクラウド対応にする計画をBloombergのインタビューで明かしている。

 米国時間4月23日にBloombergの本社で行われたインタビューでHurd氏が明らかにしたもの。Bloombergが4月25日付で内容を報じた

 Bloombergによると、Hurd氏は自社製品のクラウド化について語っており、現在65%がクラウドに対応していると述べたという。さらに同社は今後、クラウド対応を強化する方針で、10月に開催予定の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld」までのタイミングで自社製品のクラウド対応比率を95%に引き上げるとしている。

 「われわれは現在でも、伝統的な製品へ多くの投資を行っている。しかしながら、これらの製品をクラウドで提供する作業も急ペースで進めている」とHurd氏は述べたという。「いわば、何かを保護しようとはしていないのだ」(Hurd氏)

 Bloombergは合わせて、Oracleが3月に発表した会計年度2015年第3四半期決算で、SaaS、IaaS、PaaSを合わせたクラウド事業の売り上げが前年同期比29%増の5億2700万ドルであることにも触れている。一方で、同期の新規ソフトウェアライセンスは、前年同期比7%の減少となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]