編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米ZDNet編集長Larryの独り言

アリババは中国(あるいは他のどこか)のAWSになれるのか?

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-05-22 06:15

 中国企業Alibabaの2015会計年度の決算は素晴らしく、新たな最高経営責任者(CEO)も就任したばかりだ。このEコマースの巨人は、本拠地の中国における「Amazon Web Services」(AWS)になるとの決意を固めている。

 Alibabaはパブリッククラウド市場で成功するのだろうか?

 Alibabaは現地時間5月7日、2015会計年度第4四半期の純利益が4億6700万ドル(1株あたり18セント)、売上高は前年同期比45%増の28億1000万ドルだったと発表した。なお、総売上高の80%は中国での取引に関連するものだ。

 また2015会計年度通期では、売上高が122億9000万ドル、純利益は39億2000万ドルだった。

 さらに、新CEOとしてDaniel Zhang氏が就任した。Zhang氏は在籍8年のベテランであり、これまで同社の最高執行責任者(COO)を務めていた。また、同社の「Taobao Marketplace」で最高財務責任者(CFO)とCOOの職も経験している。

 現時点で明らかになっていないのは、パブリッククラウド分野における同社の位置付けについてのZhang氏の考えだ。ひと言で述べると、Alibabaは中国版のAWSを作り出そうと計画している。Eコマース企業がIaaSを提供するという戦略は、それほど珍しくはない。Amazonも既にその道を選んでいる。

 次はAlibabaの番だ。Alibabaの第4四半期におけるクラウド関連の売上高は前年同期比82%増の6300万ドルであり、全売上高の2%を占めている。

 また、2015会計年度通期におけるクラウド関連の売上高は前年比64%増の2億500万ドルであり、全売上高の1%を占めている。

 これは、さほどひどい数字ではない。同社はプレゼンテーションで、クラウドのIaaSが将来を支える主要な戦略的優先事項であると述べていた。


2015年度の戦略に関する資料。「中国でNo.1のクラウドサービスプロバイダー」とある。

2016年度の戦略的優先事項に関する資料。こちらもクラウドに言及している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]