編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グーグルやサムソンなどの31製品、パスワード廃絶を目指すFIDOの認定を取得

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-25 11:46

 パスワードに頼らない新しい認証方式の標準化を進めるFIDO(Fast IDentity Online)Allianceは米国時間5月21日、Googleやサムスンなどの企業が開発する31の製品群を、FIDO 1.0に認定した。FIDOは、生体認証と2要素認証に対応した製品とサービスの標準化されたエコシステムを確立し、最終的にはパスワードを廃絶することを目標としている。

 FIDOは、生体認証用のUniversal Authentication Framework(UAF)と、2要素認証用のUniversal Second Factor(U2F)という、2つの認証プロトコルの標準化を進めている。

 UAFではオンラインサービスへのログインに生体認証デバイスが用いられる。ユーザーは自分が所有する生体認証デバイスを事前登録し、指紋、虹彩、音声などの生体認証でログインできるようになる。一方、U2Fでは暗号化されたパスワードを格納した2要素認証デバイスが用いられる。ユーザーは従来のユーザー名とパスワードに併せて、事前登録した2要素認証デバイスをUSBなどで接続してボタンを押すだけで、強力な2要素認証でログインできるようになる。

 FIDOでは、製品は「UAF Server」、「UAF Authenticator」、「UAF Client」、「U2F Server」、「U2F Authenticator」のいずれかとして認定される。

 GoogleのログインサービスはFIDO 1.0でU2F Serverに認定された。Googleの2要素認証は、同社がYubicoと共同開発した2要素認証デバイス「Security Key」などに対応している。同社は先ごろ「パスワードを補完する将来の認証ソリューションに備えるため」として、Gmailのログインプロセスを2ページに分割し、1ページ目でユーザー名を、2ページ目でパスワードを入力するようにした。

 なお、Microsoftは今回認定された企業には含まれていないが、同社はFIDOの仕様策定に参加しており、「Windows 10」がFIDO 2.0に対応する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]