編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

かつて人気を誇った「Mandriva Linux」、開発母体が倒産

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-28 12:26

 かつて高い人気を誇ったLinuxディストリビューション「Mandriva」の開発母体だった同名のフランス企業が倒産し、16年の歴史に幕を閉じた。

 同社の2013年の売上高は55万3600ユーロだったが、事業を継続するには不十分だったようだ。

 Mandriva Linuxは、2000年代中盤にはLinuxディストリビューションのトップ10圏内に入っていたが、今では80位前後で、「OpenMandriva」や、MandrivaとロシアのROSA Softwareの提携後にMandrivaからフォークして生まれた「Mageia」の後塵を拝するようになっていた。

 Techraderの記事によれば、Mandrivaは2010年にロシアの投資家から資金を獲得した際、欧州を対象にサーバ向け製品の開発を続ける一方、デスクトップディストリビューションの開発はBRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)向けにシフトすると発表している。当時Mandrivaに対しては、事業を「Enterprise Linux」と「Fedora」に分割したRed Hatの戦略に倣うよう求める声が上がっていた。

 同社は、ナイジェリアで1万台の学校向けPCにMandrivaとWindowsのどちらをインストールするかを巡って、Microsoftと争ったことでも有名だ。

 Mandrivaはまた、2010年に、同社のディストリビューションを搭載した低価格ノートPCをブラジルの学校に供給する契約を勝ち取っている。この契約では、最大150万台のMandriva Linux搭載PCが発注されることになっていた。最近では、同社はマレーシアのパートナー企業と、同国でのOSサポート契約を結んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]