編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

かつて人気を誇った「Mandriva Linux」、開発母体が倒産

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-28 12:26

 かつて高い人気を誇ったLinuxディストリビューション「Mandriva」の開発母体だった同名のフランス企業が倒産し、16年の歴史に幕を閉じた。

 同社の2013年の売上高は55万3600ユーロだったが、事業を継続するには不十分だったようだ。

 Mandriva Linuxは、2000年代中盤にはLinuxディストリビューションのトップ10圏内に入っていたが、今では80位前後で、「OpenMandriva」や、MandrivaとロシアのROSA Softwareの提携後にMandrivaからフォークして生まれた「Mageia」の後塵を拝するようになっていた。

 Techraderの記事によれば、Mandrivaは2010年にロシアの投資家から資金を獲得した際、欧州を対象にサーバ向け製品の開発を続ける一方、デスクトップディストリビューションの開発はBRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)向けにシフトすると発表している。当時Mandrivaに対しては、事業を「Enterprise Linux」と「Fedora」に分割したRed Hatの戦略に倣うよう求める声が上がっていた。

 同社は、ナイジェリアで1万台の学校向けPCにMandrivaとWindowsのどちらをインストールするかを巡って、Microsoftと争ったことでも有名だ。

 Mandrivaはまた、2010年に、同社のディストリビューションを搭載した低価格ノートPCをブラジルの学校に供給する契約を勝ち取っている。この契約では、最大150万台のMandriva Linux搭載PCが発注されることになっていた。最近では、同社はマレーシアのパートナー企業と、同国でのOSサポート契約を結んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]