編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

TIS、米社、タイ社とモバイルペイメントで協業

NO BUDGET

2015-06-15 17:09

 ITホールディングスグループのTISは6月15日、米SimplyTapp、タイのPromptNowとアジア太平洋地域でモバイルペイメントソリューションの提供を目的とした協業契約を締結したと発表した。

 3社は協力して、NFC(Near Field Communication)の新技術として注目が高まる「HCE(Host Card Emulation)」をベースとしたモバイルペイメントソリューションを、アジア太平洋地域の金融機関やクレジットカード会社、小売企業、鉄道・航空企業などのペイメントカード発行事業者向けに提供する。

 HCEは、専用のセキュアチップを必要とせずに、スマートフォン上でクレジットカードの動作を擬似的にエミュレーションするNFCを使った非接触決済の新技術。従来の方式よりも簡単かつ低コストで実装できる点を特徴とする。

 SimplyTappは、このHCE技術のオリジナル開発者として、接触決済、非接触決済においてモバイルデバイスを活用するための機能を展開している。また、PromptNowは、TISの資本業務提携先でもあるタイの大手ITソリューション企業MFEC Public Company Limitedの子会社。東南アジアにおけるモバイルソリューションプロバイダのリーディングカンパニーという。TISは、リテール決済ソリューションのトータルブランド「PAYCIERGE」を展開し、得意分野である決済関連事業のさらなる強化を進めている。

 今回の協業では、SimplyTappがHCE技術を、PromptNowがモバイルへの実装技術を、TISがサービスの基盤となるデータセンターとクラウド技術をそれぞれ担当し、3社によるサービス提供を目指す。同ソリューションを活用することで、利用者にとっては、端末の機種変更や紛失などの場合でも素早く安全に対応でき、また、カード発行事業者にとっては、非接触モバイル決済サービスの活用が容易にかつ低コストで実現できるとしている。

 すでに一部の先行ユーザーとして、アジア太平洋地域の大手銀行などでは同ソリューションの試行もスタートしており、3社では今回の協業により、HCEプラットフォームの実装、サービス提供方式の検討、共同マーケティング活動を進め、アジア太平洋地域におけるモバイル決済の市場拡大の役割を果たすことを目指していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]