編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、「Visual Studio 2015」のダウンロード提供を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-21 11:14

 Microsoftは米国時間7月20日、「Visual Studio 2015」の製品版を正式にリリースし、ダウンロード提供を開始したと発表した。

 また、この最新版ツールスイートとともに、「.Net Framework 4.6」もRTM版に到達し、一般提供が開始された。

 Visual Studio 2015は、同社の統合開発環境(IDE)を単にアップデートしただけの製品ではない。.NETのコンパイラプラットフォーム「Roslyn」や、「ASP.NET vNext」(開発コード名:「Project K」)、「Apache Cordova」ツールのサポートが追加されるなど、さまざまな機能強化がなされている。また、VB.NETの最新版や、C#、C++、TypeScript、F#といった言語やツールに対するサポートも強化された。

 なおVisual Studio 2015は、製品全体としてはRTM版に到達したが、「ASP.NET 5」と全ての.NET Coreはまだプレビュー版だ。また、「Team Foundation Server 2015」もまだ最終版ではなく、正式リリースは少なくとも8月まで待つ必要がある。

 Visual Studio 2015は、「Windows 10」向けアプリを充実させていくうえでの重要なパーツだ。というのもこの製品は、ユニバーサルWindowsアプリを開発するためのツールセットの要という位置付けになっているためだ。しかし、こうしたアプリの開発に必要となる、Windows 10用の他のツールは今のところ最終形態となっておらず、現時点ではまだプレビュー版だ。これらツールのRTM版は、Windows 10がリリースされる7月29日に利用可能になると見込まれている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]