編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Windows 10」ができるまで--画像で見る初期ビルドから完成版までの進化

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2015-08-05 06:15

 Microsoftがリリースした「Windows 10」は、最初の印象とはまったく違うものになっている。

 これはユーザーが見ている中で成長したOSだ。Windows 10のビルドは、2014年10月からWindows Insiderプログラムを通じて早々と公開された。

 Microsoftは500万人以上のテスターからのフィードバックをもとに、このOSにさまざまな修正や機能追加を行ってきた。その結果、Windows 10の外見や感触は最初のリリースとはかなり異なるものになっている。

 この記事では、Windows 10がプロトタイプから今回リリースされたものまで、どのように進化してきたかを紹介する。


初期リリース

 Windows 10の最初のビルドは見た目がかなり違うかもしれないが、スタートメニューが復活しているという点は変わらない。

 Windows 8では、タイルベースのスタート画面が導入される代わりにスタートメニューが消えたことで驚きを呼んだが、MicrosoftはWindowsユーザーのお気に入りのこの機能を再び採用することで、不満を抱いたユーザーを取り戻すことを狙っている。

 この画像では、「すべてのアプリ」リスト、カスタマイズ可能な「よく使うアプリ」、そしてライブタイル(動的に更新される情報を表示する、アプリとリンクしているタイル)が表示されているのがわかる。

 Windows 10の後期のバージョンでは、スタートメニューの外見と機能が変更されたが、ライブタイルが廃止されることはなかった。

 Microsoftがリリースした「Windows 10」は、最初の印象とはまったく違うものになっている。

 これはユーザーが見ている中で成長したOSだ。Windows 10のビルドは、2014年10月からWindows Insiderプログラムを通じて早々と公開された。

 Microsoftは500万人以上のテスターからのフィードバックをもとに、このOSにさまざまな修正や機能追加を行ってきた。その結果、Windows 10の外見や感触は最初のリリースとはかなり異なるものになっている。

 この記事では、Windows 10がプロトタイプから今回リリースされたものまで、どのように進化してきたかを紹介する。


初期リリース

 Windows 10の最初のビルドは見た目がかなり違うかもしれないが、スタートメニューが復活しているという点は変わらない。

 Windows 8では、タイルベースのスタート画面が導入される代わりにスタートメニューが消えたことで驚きを呼んだが、MicrosoftはWindowsユーザーのお気に入りのこの機能を再び採用することで、不満を抱いたユーザーを取り戻すことを狙っている。

 この画像では、「すべてのアプリ」リスト、カスタマイズ可能な「よく使うアプリ」、そしてライブタイル(動的に更新される情報を表示する、アプリとリンクしているタイル)が表示されているのがわかる。

 Windows 10の後期のバージョンでは、スタートメニューの外見と機能が変更されたが、ライブタイルが廃止されることはなかった。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]