編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Canonicalとマイクロソフト、コンテナのハイパーバイザ「LXD」で協力

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-13 10:26

 Linuxディストリビューション「Ubuntu」を手がけるCanonicalとMicrosoftが、コンテナのハイパーバイザ「LXD」で協力しているという。CanonicalのUbuntu戦略を率いるDustin Kirkland氏がインタビューで明らかにした。

 LXDは、コンテナとともに用いることを前提にして設計された、仮想マシン(VM)の代替となるオープンソースのハイパーバイザだ。Kirkland氏は「Canonicalは5年以上も前からUbuntuでのコンテナ技術に取り組んでおり、2010年からその上流に位置付けられる『Linuxコンテナ(LXC)』プロジェクトを主導し、メンテナンスしていくための拠点とリソースを提供してきている」と述べている。

 このような状況のなか、MicrosoftがLXDのパートナーとなったわけだ。

 Microsoftの「Docker」コンテナでは、LinuxのAPIではなく、WindowsのAPIとともにLXCを使用することになる。LXCはLinuxにおけるコンテナ技術を構成する基盤の1つであり、Dockerをはじめとする重要なコンテナ標準の根幹となっている。LXDはLXC上で稼働し、Kirkland氏の言葉を借りると「従来のハイパーバイザの利点を、より迅速かつ、より効率的なコンテナの世界にもたらすもの」だという。

 Kirkland氏によると具体的には「LXDは、指定したホスト上における任意のコンテナを管理(起動や停止、クローン、マイグレーションなど)するための簡潔なRESTfulインターフェースを提供する永続的なデーモンだ。LXDが稼働するホストは、コンテナのハイパーバイザのクラスタへと手軽に統合できる。その後、例えば『OpenStack』のコンピュートノード(Nova)として機能させることで、より安価かつ、より高速なIaaS(Infrastructure-as-a-Service)クラウドを実現できる」という。

 Kirkland氏はMicrosoftとの協業が「プラットフォームをまたがるコンテナ管理レイヤとして機能するLXD RESTful APIを中心としたものになる」と述べている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]