海外コメンタリー

「Windows 10」リリースから1カ月--良かった点、悪かった点

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年09月07日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Windows 10」の一般提供を7月29日に開始した。

 盛大なリリースから1カ月が経過した現在の状況はどうなっているのだろうか。本記事で、筆者はWindows 10の良かった点と悪かった点をいくつか取りあげる。注意してほしいのは、これらすべてのことは今後数カ月にめまぐるしく変わっていくだろうということだ。

(比較的)問題の少なかったリリース

 筆者のメール受信箱と、非科学的な方法でユーザーフォーラムを調べた結果から判断すると、Windows 10の最初のリリースは円滑に進んだようだ。1カ月弱でユーザーベースが7500万人の規模まで膨らみ、今も拡大し続けていることを考えると、これは驚くべきことだ。確かにバグも存在するが、それはあらゆる新OSの初バージョンのリリースに当てはまることだ(最初の数カ月の「OS X Yosemite」がどうだったか「Mac」所有者に聞いてみるといい)。2015年秋に登場予定で、現在「Windows Insider Program」登録ユーザー向けにプレビュー版が公開されている「Threshold 2」(開発コード名)では、そうした初期のバグの多くが修復されるはずだ。しかし、Threshold 2で追加される新機能でも、おそらく新たな一連のバグが発生するだろう。

プライバシーに関する被害妄想

 皮肉なことに、これまでWindows 10の導入が非常に円滑に進んでいる大きな理由はテレメトリだ。批評家たちは、それをスパイ行為だと一様に主張する。Windows 10クライアントとMicrosoftのサーバの間で大量のデータをやり取りせずに「Windows as a Service」を提供するのは、文字通り不可能だ。Windows 10のプライバシーをめぐる騒動は大げさすぎるが、Microsoftは最初の批判の波に不意打ちを食らわされ、根本的には完全に筋の通っている仕様について、ユーザーを安心させるような説明をまだ考え出せていない。

 最大の問題は、こうした重要な問題がこれまでのところ法的文書を通してしか伝達されていないことかもしれない。プライバシー保護方針やサービス規約、ライセンス条項はほとんどの場合、安心感を与える文書ではない。それらは、訴訟リスクを減らすために弁護士によって書かれた文書であり、威圧的な言葉で埋め尽くされている。Microsoftの法人顧客はそうした言葉に慣れているが、消費者はそうではない。

デバイスベースのアクティベーション

 MicrosoftはWindows 10で製品アクティベーションの規定を大きく変更した。ほとんどのユーザーはプロダクトキーから解放された。デバイスのアクティベーション状態はクラウドで保管されるので、クリーンインストールした後でも、アクティベーションは自動的に行われる。長期的に見ると、これはユーザビリティに関して非常に大きな成功事例になるだろう。しかし、Microsoftの1年間の無料Windowsアップグレードキャンペーンでは、ユーザーが実際に「アップグレード」することが必要ということを理解していない人にとっては、新しい製品アクティベーションは混乱の原因となるかもしれない。

 筆者が先日、1人の読者から聞いた話を紹介しよう。その読者は、10数台のマシンからデータを完全に消去して、新しい「Windows」のクリーンイメージをインストールするいつもの手法がWindows 10では使えないことを知って、ショックを受けたという。彼には多くの作業が待ち構えている。具体的には、まずインストールされていた「Windows 7」をそれぞれ復元し、それらをアクティベートした後で、Windows 10にアップグレードする必要がある。

強制的なアップデート

 数年後にわれわれがWindows 10のリリースを振り返るとき、ほかのどの要素よりも、これが最も顕著な特徴になると筆者は確信している。急速に進化することもなく、自動的にアップデートもされないパッケージソフトウェアという概念は、今日のスマートフォンに物理キーボードが搭載されているかのように古くさい印象を与えるようになるだろう。しかし、現在のマルウェア被害の約90%は標的のデバイスにパッチが適用されていないことが原因で発生していることを考えると、強制的なアップデートは必要である。もちろん、そうした自動アップデートを確実に機能させるためには、インストールベースからの大量の自動フィードバックが必要になるだろう。

 スパイ行為ではない。フィードバックだ。

 まじめな話、現代の健全なシステムでは、これは普通のことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化