編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

SAP、「SAP Cloud for Analytics」を発表--AWSやセールスフォースのクラウドBIと競合

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-14 11:28

 SAPは現地時間10月13日、「SAP Cloud for Analytics」を発表した。クラウドとオンプレミスの両方にある複数のデータソースからのデータを分析するSaaSツールとなる。

 SAPは2月、エンタープライズ向けの分析レイヤとなる「SAP Cloud for Planning」をローンチしている。SAPはプランニングを新しくしており、ビジネスユーザーをターゲットとしたビジネスインテリジェンス(BI)機能を加えた。2016年には予測分析機能を加える予定だという。

 SAP Cloud for Analyticsは、単一のコードラインとSAPのHANAシステム上に構築されている。SAPの狙いは、エンタープライズ顧客がデータをクラウドに移行させる代わりにSAP Cloud for Analyticsを利用することだ。同社の分析クラウドはBI、プランニング、予算、予測のアルゴリズムを1つにして、統合されたワークフローとして利用できるとSAPは主張している。同分析ツールは「Google apps for Work」にも統合できるという。

 Amazon Web Services(AWS)は先週、「QuickSight」を発表している。データセットをクラウドに動かして簡単に分析できるというものだ。QuickSightにより、AWSは競争的な価格でBI市場に参入した格好だ。Salesforceも分析クラウドサービスを提供している。

 SAPはSAP Cloud for Analyticsのサブスクリプション価格をまだ開示していないと、分析マーケティング担当シニアディレクターを務めるNic Smith氏は述べた。

 エンタープライズは1つの分析レイヤを使ってデータを視覚化するとSAPは考えている。SAP Cloud for Analyticsは組織の中の役割にあわせたビューも提供する。注目すべきは、分析の利用が続くかどうかだろう。結局のところ、分析プラットフォームが利用するSAPアプリケーションの多くが同じような機能を組み込んでいるのだ。

 ポイントとしては、以下の4つとなる。

  • SAP Cloud for Analyticsはさまざまな製品に分散するすべての機能を1つのツールに入れたものとなる。
  • 分析ツールはスタンドアロンとしても組み込むことができる。
  • 「コンシューマーグレード」のユーザーインターフェースを備える。
  • SAPアプリケーションとのネイティブ統合によりデータへのアクセスが容易になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]