編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

SAP、「SAP Cloud for Analytics」を発表--AWSやセールスフォースのクラウドBIと競合

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-14 11:28

 SAPは現地時間10月13日、「SAP Cloud for Analytics」を発表した。クラウドとオンプレミスの両方にある複数のデータソースからのデータを分析するSaaSツールとなる。

 SAPは2月、エンタープライズ向けの分析レイヤとなる「SAP Cloud for Planning」をローンチしている。SAPはプランニングを新しくしており、ビジネスユーザーをターゲットとしたビジネスインテリジェンス(BI)機能を加えた。2016年には予測分析機能を加える予定だという。

 SAP Cloud for Analyticsは、単一のコードラインとSAPのHANAシステム上に構築されている。SAPの狙いは、エンタープライズ顧客がデータをクラウドに移行させる代わりにSAP Cloud for Analyticsを利用することだ。同社の分析クラウドはBI、プランニング、予算、予測のアルゴリズムを1つにして、統合されたワークフローとして利用できるとSAPは主張している。同分析ツールは「Google apps for Work」にも統合できるという。

 Amazon Web Services(AWS)は先週、「QuickSight」を発表している。データセットをクラウドに動かして簡単に分析できるというものだ。QuickSightにより、AWSは競争的な価格でBI市場に参入した格好だ。Salesforceも分析クラウドサービスを提供している。

 SAPはSAP Cloud for Analyticsのサブスクリプション価格をまだ開示していないと、分析マーケティング担当シニアディレクターを務めるNic Smith氏は述べた。

 エンタープライズは1つの分析レイヤを使ってデータを視覚化するとSAPは考えている。SAP Cloud for Analyticsは組織の中の役割にあわせたビューも提供する。注目すべきは、分析の利用が続くかどうかだろう。結局のところ、分析プラットフォームが利用するSAPアプリケーションの多くが同じような機能を組み込んでいるのだ。

 ポイントとしては、以下の4つとなる。

  • SAP Cloud for Analyticsはさまざまな製品に分散するすべての機能を1つのツールに入れたものとなる。
  • 分析ツールはスタンドアロンとしても組み込むことができる。
  • 「コンシューマーグレード」のユーザーインターフェースを備える。
  • SAPアプリケーションとのネイティブ統合によりデータへのアクセスが容易になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]