日本IBMとマネーツリー、FinTechにおけるAPI技術の活用で協業

ZDNet Japan Staff

2015-10-21 12:42

 日本IBMとマネーツリーは10月21日、金融とテクノロジを組み合わせて新たな金融サービスを実現する「FinTech」分野と、企業のハイブリッドクラウドを支えるAPI技術の活用を推進するため協業すると発表した。

 銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイントを含む国内1550社以上の金融機関からの明細データを自動取得するサービス「MT LINK」とIBM Bluemixを連携させ、国内における「API経済圏」づくりを推進するとしている。

 FinTechにおいて、より使いやすく新規アイデアを取り込み、柔軟かつ迅速にアプリケーションを作成するためには、他のプログラムと連携して利用するためのAPIを活用する必要がある。

 協業では、MT LINKとBluemixをAPIで接続するため、両社が協力して技術検証する。

 これにより、FinTechにおける迅速なアプリケーション開発と多岐にわたるAPI技術の活用を促進し、国内におけるAPI経済圏づくりに寄与する。

 銀行口座に関しては、普通、定期口座だけでなく、法人口座として、三菱東京UFJ、三井住友、みずほなどのメガバンクをはじめ、84の地方銀行、125の全国の信用金庫に対応し、個人と法人の全体をカバーできるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]